スポンサーリンク

×閉じる

【今週の視点】マネジメントも“自律型”へ 育成計画をベースに

労働新聞社2018.05.21

【今週の視点】マネジメントも“自律型”へ 育成計画をベースに

部下との共有時間減少で テレワーク等の柔軟な働き方の拡大は、上司と部下が共有できる時間を減らし、人事考課に対する信頼性を揺るがしかねない。システム開発や建設などのプロジェクト型の業態が抱えてきた課題に、多くの企業が直面しつつある。多様な勤務スタイルを認める以上は、マネジメントのあり方も自律性を活かす方向へ変わらざるを得ない。……[続きを読む] ※外部ウェブサイトに移動

能力向上や人脈形成めざす 大企業で副業広がる

労働新聞社2018.05.21

能力向上や人脈形成めざす 大企業で副業広がる

「非雇用型」に限定めだつ  副業・兼業を制度化したケースが相次いでいる。オリックス生命保険㈱は、他社で雇用されない働き方を前提として、保有する資格を活用して報酬を得る「社外活動」を解禁した。㈱エイチ・アイ・エスでは、個人事業として行う通訳や翻訳を想定して副業を認めた。ユニ・チャーム㈱は入社4年目以上の社員に解禁。いずれの企業も長時間労働や情報漏洩防止に向け、事前申請制度を採る。社内で得られな……[続きを読む] ※外部ウェブサイトに移動

不法就労対策強化へ 法務省など3省庁が連携

労働新聞社2018.05.21

不法就労対策強化へ 法務省など3省庁が連携

法務省、警察庁、厚生労働省の3省庁は、不法就労対策の推進に関する新しい方針を策定し、3省庁がさらに協力して不法就労問題に取り組むことを決定した。  同方針は、各省庁の局長・部長で構成する「不法就労外国人対策等局長連絡会議」で策定。……[続きを読む] ※外部ウェブサイトに移動

最多企業はイオン 非正社員数26万人強 連合

労働新聞社2018.05.21

最多企業はイオン 非正社員数26万人強 連合

有価証券報告書を基に連合がまとめた「非正社員をたくさん雇う会社(1~50位)」によると、首位は流通業のイオン(26万1356人・非正社員比率66%)だった。  以下順に10位まで並べると、日本郵政17万3951人(同41%)、日本電信電話9万9855人(同29%)、セブン&アイ・ホールディングス9万1467人(同63%)、……[続きを読む] ※外部ウェブサイトに移動

コラムの泉コラムの泉

専門家によって投稿されたコラムです。
コラム掲載数  18,778
最新のコラム(5件)を表示しています。 投稿日
休業を伴うメンタル疾患への対応②(診断書受領前編) 2018年05月21日 16:35
決断に時間を取らないと決断すべき! 2018年05月21日 16:35
平成29年-健保法問8-E「資格喪失後の死亡に関する給付」 2018年05月21日 16:34
金があっても人がいない現実を直視する 2018年05月18日 13:00
経営者は有能な参謀を持つべきです! 2018年05月18日 12:56

スポンサーリンク

プレスリリースプレスリリース

専門家ポイントランキング

専門家ポイントランキング

一般ポイントランキング

一般ポイントランキング

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

スポンサーリンク