スポンサーリンク

HOME > 労働実務事例 > 出張時みなし労働時間の清算は?

労働実務事例提供:労働新聞社

出張時みなし労働時間の清算は?

カテゴリ
労働基準法  >  労働時間関係
著作者
労働新聞社
「労働新聞」「安全スタッフ」(2009年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 フレックスタイム制の職場です。就業規則で、出張したときは「標準労働時間勤務したものとみなす」と規定しています。出張の出発時刻は本人にゆだねていますが、それでも「始業時刻から終業時刻まで」働いたとみなして、1カ月の総労働時間の清算を実施するのでしょうか。

大阪・M社

[ お答え ]

 出張した場合、「所定労働時間働いた」等とみなすのは、事業場外みなし労働時間制(労基法第38条の2)規定に基づくもので、フレックスタイム制と直接関係はありません。ただし、フレックスタイム制には1日の所定労働時間が存在しないので、貴社は標準労働時間を用いているわけです。
 事業場外みなし労働時間制では、実労働時間がみなし時間を超えることを証明しても、追加で時間外割増を払う義務は生じません。ただし、「休憩、深夜業、休日規定の適用は排除されない」(昭63・1・1基発第1号)という扱いになります。
 標準的な労働時間帯(始業時刻から終業時刻)を働いたとみなす規定ではない点に、注意が必要です。本人の時間選択により深夜に勤務した場合には、深夜割増の支払いが必要になります。



労働新聞社について 閲覧数 (894)

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在636事例

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク