スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 源泉税預り金

コラムの泉

源泉税預り金

カテゴリ
税務経理  >  所得税
最終更新日
2006年03月16日 23:17
著者
安藤裕税理士事務所 さん
ポイント
1,912,638ポイント
ポイントランキング100

今回は、源泉所得税の預り金についてお話します。

どんな会社でも発生する預り金。
それは、給料から天引きする源泉所得税です。

毎月納付するのが原則ですが、
小さな会社の場合、半年に一度納付する
「納期の特例」を受けている場合が多いですね。

預り金ですから、毎月計算した給料の天引きした分を、
そのまま納めればいいので、なんら難しくないはずです。

難しくないはずなのですが、なぜか、ずれていくんですね。

ずれていくということは、天引きした金額と納付した金額が
違うということですから、どこかで間違えているんですね。

単に納付金額を間違えていただけなら、まだいいのですが、
場合によっては、従業員から、もらわなくてはいけないのかもしれないし、
返さなくてはいけないのかもしれないです。

ということは、給料計算が間違っていた、という可能性があるんですよね。

給料計算に間違いがあると、従業員の不信感が出てきてしまいます。

つまり、気持ちよく働けなくなる場合があります。

なので、給料計算の間違いを早く発見するためにも、
源泉税の預り金の残高も、よく把握しましょう。

そして、間違いが発見された場合には、早期に解決しましょう。

納期の特例を受けている場合には、残高を把握するのが
より難しくなります。

残高管理が面倒であれば、特例を受けていても、
毎月納付してしまう、というのも手です。

毎月納付すれば、納税したときは預り金の帳簿残高が
ゼロになるはずですから、間違いがあればすぐ発見できます。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,963コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク