HOME > コラムの泉 > 商業的イベントから家族中心の休日に回帰?

コラムの泉

商業的イベントから家族中心の休日に回帰?

カテゴリ
その他  >  経営
最終更新日
2014年01月30日 09:20
著者
榎本会計事務所 さん
ポイント
1,864,872ポイント
ポイントランキング100

知って得する経営塾 第423号『商業的イベントから家族中心の休日に回帰?』
 ┏╋━ 知って得する経営塾 ━━━━━━━━ 第423号 2014年1月27日 ━
┏╋┛       
╋┛  発行:イーシーセンター   http://www.ecg.co.jp/
info@ecg.co.jp 
┃──────────────────────────────────
╋┓  現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム      
┗╋┓ 経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆★ 既刊情報 ★☆★

ワーク・ライフ・バランスを越えて 働き方が変わる 会社が変わる!

不況の中でも元気に業績を伸ばしている企業があります。
業績が右肩上がりの企業とそうでない企業とでは、どこが違うのか。
このシンプルな疑問に答えを出しました。

本書では、今、元気あふれる企業をピックアップし、その事例の中から
元気の源を探ってみました。その結果わかったことは、それらの企業には
“ワーク・ライフ・ハピネス"という考え方が根底にあるのです。
“ワーク・ライフ・ハピネス"が中小企業の元気の“素"だったのです。

業績不振に悩む中小企業の経営者、管理者の目からウロコ本です。

  『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_53.php?mm=423


            ■□■ 目次 ■□■

クリスマス~お正月、商業的イベントから家族中心の休日に回帰?
ビジネス・プロデューサー 鈴木 領一

編集後記                     副編集長 塩田 剛也

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

≪榎本会計事務所&イーシーセンターよりお知らせ≫  
  
★☆★ 『Wisdom School』 開校中!! ★☆★

弊社では、今の日本、これからの日本を支える経営者や起業家のための
“叡智の学校”=Wisdom School(ウィズダムスクール)を開校しています。
コンテンツも続々と更新中です。起業を目指すビジネスマンなどにもお勧め
しています。詳しくは下記URLよりご覧下さい。
http://wisdom-school.net/

なお、現在の最新講座は以下の三つです。

▽定期講座:知って得する現代医療~長所半分短所半分~
土橋 重隆(つちはし しげたか) 先生
http://www.wisdom-school.net/content/239/
病気は必然的に発生します。しかし現代医学は起きた現象を分析し、
それを絶対的な前提として診断、治療を行うものです。
つまり、現象の必然性には言及することはありません。
対症療法といわれる所以がそこにあります。
とはいっても救急医療の現場ではその対症療法が威力を発揮します。
ところがガンを含めた慢性に経過する疾患には
十分な結果を出しているとはいえません。
それは必然性を支えている根拠を取り除いていないからです。
根拠がなくなれば必然性はなくなり病気は消退していくのです。
病気に”意味と価値”を見出すことによりその根拠がなくなります。
病気に対する新しい考え方を学んでいただくのがこの講座の目的です。



▽定期講座:藤原直哉の経済の最新世界経済予測
シンクタンク藤原事務所  藤原 直哉(ふじわら なおや)先生
http://www.wisdom-school.net/content/108/
米国や中国の激しい変化に日本は着いていけるのか。
混迷の時代をどう生きるべきか。
経営者としてどう会社を導いていくべきか。
実際、日本の政治家や官僚、経済人の頭の中は20年前のまま。
世界の潮流を見誤ってはいけない。
この先の未来が見えていればリスクを負って投資していける。
大きな変化は大きなリターンも産み出す。
いまの時代を生き抜く道標となる大人気講座。



▽定期講座:英語で世界に弾丸トラベル!
http://www.wisdom-school.net/content/238/
シンクタンク藤原事務所  岩本 寛(いわもと ひろし)先生
毎回、「あの国のあれを見に行こう!」「あれを食べに行こう!」
など、特定の目的を決めてウェブ上で疑似旅行をしながら、
その行程で出会う英語を学んでいきます。米国一周など
アクティブに旅してまわった豊富な経験から吟味して
お伝えしますので、旅行の臨場感も味わえる超実践的な内容です!
実際に行きたくなってしまうのでは!?
楽しく旅行している気分で、英語を学んでまいりましょう。
Let's hit the road! (旅に出かけましょう!)



★☆★ 榎本会計ネットラジオ放送局 最新ラインナップ ★☆★

▽ 対談!経営語録『2014年の大胆予測!!』
経済アナリストの藤原直哉先生と榎本の対談形式で
お送りします!
http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan_2014.php?mm=423】 


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

クリスマス~お正月、商業的イベントから家族中心の休日に回帰?
ビジネス・プロデューサー 鈴木 領一

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
クリスマス~お正月、
商業的イベントから家族中心の休日に回帰?消費動向調査から読む

日本人がだんだん餅を食べなくなっている、ということをご存知でしょうか。

そもそも日本の人口が減っているから、という理由ではない。
20~70代の全年代にわたって餅の消費量は減っているのだ。

全国餅工業協同組合の調べによると、
世帯購入数量は2005年が2,688グラムだったものが、
11年には2,463グラムに減少。
わずか6年で10%も減少し、その後も減少し続けている。

餅が食べられなくなった理由はさまざまだが、日本人の自国文化への
こだわりが希薄になってきたことが最大の理由であると筆者は考える。

ある「餅つき」イベントに参加した時、こんなことがあった。
つきたての餅が参加者に配られたが、
若い母親が子供の持っている餅を取り上げて「まだ食べちゃダメだよ」と言う。

どういうことかと様子を見ていたら、母親は続けて
「餅は喉に詰まっちゃうんだよ。死んじゃうよ」と言い、
近くにいた高齢女性も「そうだね。私も気をつけているよ」と言っていた。

「餅」はそもそも民俗学でいうハレの日の食べ物であり、
餅を食べることで神の霊力を体内に迎え生命力の再生と補強を願うという
趣意が、正月に餅を食べるという日本文化の根底にあった。

しかし、この餅文化も今や風前の灯である。

よく考えてみれば、昔ながらの正月の風習が姿を消してきていることに気づく。
年賀状を出す人も年々減少している。
年賀状は04年の44億5,900万枚をピークに、
毎年1億枚のペースで減少し、13年は約35億枚まで落ち込んでいる。

筆者自身も数年前から年賀状を出さなくなった。
04年が分岐点となっているのは、
ITの普及による電子メールの定着があるのだろう。

日本の風習が変化してきているのは正月だけではない。


●変貌するクリスマスにお正月

少し前の話になるが、クリスマスの過ごし方も年々変化してきている。
1980年代後半~90年代初頭のバブル時代は、
「クリスマスは恋人と過ごす」というムードが広がったが、
最近では家族と一緒に過ごす日となりつつある。
 
インターネット調査会社・マクロミルの調査
(「年末年始の過ごし方に関する調査」)では、
クリスマスに「家族と一緒に過ごす」と答えた人が約30%で、
「配偶者と二人きり」「恋人と一緒に過ごす」と答えた人は
10%前後にとどまっている。

また、同社の調査データ「MACROMILL WEEKLY INDEX」
(http://www.macromill.com/weeklyindex/index.html)
の「買う予定のもの」>「家族との外食」を見ていただきたい。

年末年始に「家族との外食」が増えていることに気付くだろう。
逆に恋愛の高まりの指標となるといわれる「化粧品」は変化がない。
ここにも端的に行動の変化が現れている。
 
クリスマスから正月の年末年始の過ごし方は、
年々「平日化」してきていると筆者は考える。

特別な日ではなく、いつもの日常と同じ感覚で過ごせる、
平日と同じ感覚に近づいてきているのだ。

もしかしたら商業的イベントとして仕掛けられた側面が大きかった年末年始が、
本来の家族中心の落ち着いた休日へと戻ってきているのかもしれない。
読者のみなさんは、いかがだろうか?


(文=鈴木領一/ビジネス・プロデューサー)


●鈴木領一(すずき・りょういち)
ビジネス・コーチ。ビジネス・プロデューサー。
自己啓発のレジェントであるナポレオン・ヒルが所属した「サクセスマガジン
社」の能力開発プログラムの企画開発責任者を務めた唯一の日本人。
さらに進化させた自己改革メソッド「フレーム・1%アクション」は
劇的な変化をもたらすメソッドとして今最も注目されている。
氏のコーチングを受けたことで、無職状態からEXILEとの共演を達成した
ケースや、起業して成功し新聞やテレビに取り上げられたケースなど、数多く
の成功者を次々に輩出している。近著に『100の結果を引き寄せる1%アク
ション』(サイゾー)がある。

※この原稿は、鈴木領一氏がビジネス・ジャーナルで連載している記事を許可
を得て転載いたしました。
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3839.html
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫

 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!

 
 ★New!!
  『知って得する年金・税金・雇用健康保険の基礎知識 2014年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/2014.php?mm=423

 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_53.php?mm=423

 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_52.php?mm=423
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_49.php?mm=423


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

編集後記                     副編集長 塩田 剛也

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
当メールマガジンをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

みなさま、クリスマスやお正月はどのように過ごされましたか?
昨年のクリスマスは平日だったこともあり、
遊びの予定は直前の連休に入れていた方も多いと思います。

私はクリスマス近くの連休では遊びに行ったのですが、
お正月はほぼ普段の土日と同じように過ごしていました。

実家に帰ったのも1日だけで、
他は初詣に行ったくらいしか出かけた記憶もありません・・・。

お餅も食べていませんし、
年賀状も10数枚程しか出していません。

様々なデータから文化に対する変化、慣習の変化が見られるとのことです。
自分の行動を振り返ってみても、やはりそう感じます。

ですが、恐らく絶対なくならない文化があります。
子どもが大好きなお年玉!

新年を祝い、親戚に会う口実(というと感じが悪いですが)にもなり、
子どもが喜ぶ姿を見れること、
1年に1度かもしれないけれど、人を結びつけるきっかけになること。
自分があげる立場になった今でも、
とても良い文化だと思っています。

たしかに、商業的に色々なイベントが仕掛けられているかもしれません。

マスコミ等に影響され意識が変化しても
最終的には家族的なつながりに回帰するのかと思うと、
やっぱり家族っていいですね、と感じます。

次号、第424号は2月3日(月)に配信予定です。
どうぞお楽しみに!

 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★

   一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei

 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=423
 【連絡先】    info@ecg.co.jp   
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=423
【発行システム】 
 まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
 メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154169/
 メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 めろんぱん   http://www.melonpan.net/mag.php?005840

 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2013
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○



絞り込み検索!

現在18,734コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ