スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 従業員に係るマイナンバー告知の強制力

コラムの泉

従業員に係るマイナンバー告知の強制力

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2015年10月29日 09:47
著者
税理士法人アクシオン さん
ポイント
221,990ポイント
ポイントランキング100

こんにちは。


平成28年1月からマイナンバー制度が始まり、事業主は各従業員よりマイナンバーの告知を受けた上で、年末調整源泉徴収票の提出をする必要があります。


ただし、もし従業員がマイナンバーの告知を拒否した場合、法的にはどうなるのでしょうか?


現時点で、税務・社会保険の手続きのため従業員が事業主にマイナンバーの告知をする義務はあるものの、強制力はない状況です。


個人情報にシビアな従業員の中には、なかなか告知に応じてくれないケースが今後想定されるかもしれません。


そのため、今後マイナンバー制度が本格的に始まる前に、就業規則などで提出義務を明記するなどの対策が必要となるでしょう。



もしどうしても従業員のマイナンバーの確認ができなかった場合、税務・社会保険手続きにおいてその旨の説明を行った上で、あくまでも制度違反ではないということを主張する必要があるかもしれません。



このようなケースの取扱いについては、今後運営指針などで示されるかもしれないため、注意が必要です。


相田浩志税理士事務所
http://aita-tax.jp/


株式会社ピクシス
https://pyxis-ak.jp/


一職業会計人FPの税とお金についてつぶやくメルマガ
http://www.mag2.com/m/0001159955.html

職員トン子の満腹日記
http://aita-tax.jp/?cat=15



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,053コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク