HOME > コラムの泉 > アメリカ(ネオコン勢力)に翻弄されないために

コラムの泉

アメリカ(ネオコン勢力)に翻弄されないために

カテゴリ
その他  >  経営
最終更新日
2017年01月10日 19:39
著者
榎本会計事務所 さん
ポイント
1,864,646ポイント
ポイントランキング100

知って得する経営塾 第563号 『アメリカ(ネオコン勢力)に翻弄されないために』

 ┏╋━ 知って得する経営塾 ━━━━━━━━ 第563号 2017年1月5日 ━
┏╋┛       
╋┛  発行:イーシーセンター   http://www.ecg.co.jp/
info@ecg.co.jp 
┃──────────────────────────────────
╋┓  現場叩き上げ執筆陣による中小企業経営コラム      
┗╋┓ 経営者、営業、会計、税務、法律といった様々な視点で掲載中
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ■□■ 目次 ■□■


『アメリカ(ネオコン勢力)に翻弄されないために』  
                 MBA 長友 孝幸

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。


税理士法人 恒輝 榎本税務会計事務所&イーシーセンターよりお知らせ≫  

★☆★ 『Wisdom School』 開校中!! ★☆★

弊社では、今の日本、これからの日本を支える経営者や起業家のための
“叡智の学校”=Wisdom School(ウィズダムスクール)を開校しています。
コンテンツも続々と更新中です。起業を目指すビジネスマンなどにもお勧め
しています。詳しくは下記URLよりご覧下さい。
http://www.wisdom-school.net/

なお、現在の最新講座は以下の三つです。


▼特別セミナー 人生(いきる)とは何か
 生きているとはどういうことなのでしょうか。
http://www.wisdom-school.net/content/457/

 3名の講師より「より良い人生を生きる思考法」を
 講演いただきます。

~生きる喜びとは~
小田 全宏(おだ ぜんこう)先生

~女性の価値観の変遷~
田寺 尚子(たでら なおこ)先生

~自分の人生に向き合うこと~
藤 茂則(さとう しげのり)先生


▼無料配信♪ Wisdom座談会
http://www.wisdom-school.net/content/zadankai/

持ち寄り企画「言われてみれば確かにそうだ!」
台本のないWISDOM座談会をお届けします!

撮影中一切の台本はなし!
講師の先生方が各専門分野における基礎的な部分を
「ここ知っていますか?」と問題を出し合い、
それぞれ回答、解説します。

その場その場で、思考緩やかに「それって本当?」
「言われてみれば、確かにそうだな」と
講師の先生方の意見、感想、そして解説に
「ハッと」する気づきも得られます。


▼プロなら誰でもやっている!
 今すぐ使えるコミュニケーションの裏ワザ
 第2回 声を張る

http://www.wisdom-school.net/content/454/
竹本 アイラ(たけもと あいら)先生

プロの声が通るのには理由がある!
今すぐマネできる話し方とは?

ガヤ芸人の姿勢に学ぶ
大勢の中で発言権を持つ方法!


★☆★ 榎本会計ネットラジオ放送局 最新ラインナップ ★☆★

▽対談!経営語録
・円安ドル高、売り抜けの背景には何が起こっているのか?
・金利上昇のお手上げは誰?
・トランプ誕生前に、日本とロシアの関係はどうなるのか?
http://www.ecg.co.jp/blog/pod-taidan__1_991.php


★☆★ 新刊情報 ★☆★ 

「知って得する年金・税金・雇用健康保険の基礎知識」2017年度版

新たに改正された年収106万円の壁を分かりやすく解説。

本書により家庭全体のライフプランを立てるための法律・制度を正しく理解!
年金の額が少なかったり、税金を多く払うことになったり、給付金を貰い損ねたり…。

そういった「生涯損失金」は正しい法律・制度の知識がなかったり、

古い法律知識のままだったりすることで発生する。

本書は、家庭全体のライフプランを立てられるように、

年金・税金・雇用健康保険の基礎知識と得する情報を満載した定番書。

暮らしにかかわる法律・制度とそのお金を、人生の節目ごとにまとめた章構成になっている。

●特集 年収106万円の壁

第1章 得する社会人の基礎知識
第2章 得する結婚退職の基礎知識
第3章 得する出産情報の基礎知識
第4章 得する働き盛りの基礎知識
第5章 万が一のときに損しないための基礎知識
第6章 得する中高年の生き方基礎知識
第7章 得する老後の基礎知識
第8章 人生の終焉を迎えるときの基礎知識

 「知って得する年金・税金・雇用健康保険の基礎知識」2017年度版
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之
◆Amazonより購入↓↓
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862512070/enatural-22/ref=nosim
◆楽天ブックスより購入↓↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14531946/?scid=af_pc_etc&sc2id=21492205


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

『アメリカ(ネオコン勢力)に翻弄されないために』  
                 MBA 長友 孝幸

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

冷戦崩壊によって、グローバル化が急激に進む複雑な世界に我々は生きています。

過去の経験や新聞やニュースの知識だけで、

正しく生きることが難しく感じているのは私だけではないと思います。


日本のような海と言う国境の壁を持つ国の国民には、

理解できないことが沢山あります。

その一つに、国内では考えにくい各国の紛争や内乱がありますが、

今回はその裏に存在する闇を考えてみます。


植民地支配をしていた国々は長い間、その統治していた人々の

民族主義的な意識の盛り上がりや民族間の緊張を抑え込んで

植民地を支配しています。

その植民地が支配されていた人々の力で崩壊させようとするときに、

数々の紛争や内乱が勃発します。


ただ、近年の紛争や内乱は、地域の歴史的な背景に固定されるものだけでなく、

グローバル化が複雑になったことによって、当事者同士の紛争や内乱の背景には、

直接関係の薄い国やその投資家マネーによって、恣意的に作られていることも

理解することが必要です。最近のウクライナ情勢を見ながら、短時間で考えてみましょう。


ウクライナ大統領がEUとの連合協定への署名を拒否したことに端を発した

親欧米派による反政府デモによって内乱が始まります。

理由は憲法違反にあります。

ウクライナの憲法では、任期途中で大統領を交代させる場合、

議会は弾劾裁判の手続きを踏む必要があります。

しかし、デモ隊が武力によって、弾劾裁判は行わずに大統領を追放したのです。


たとえ大統領が逃亡しても、親欧米派による新政権は

憲法上の正統性を主張するために、憲法に則って弾劾裁判を行い

民主的な政権交代を主張するべきでしたが、裁判は一切、行われませんでした。


暫定政権は、公用語のロシア語の廃止やロシア系住民の迫害など

露骨な反ロシア政策を打出したことから事態は急変します。

それは新政権の暴力的反露姿勢を暴露するものでしたが、

世界のメディアは非合法の政権転覆であっても沈黙していました。


危機感を抱いたプーチン大統領は住民投票を実施し、

その結果に基づきクリミア半島をロシアに編入します。

それはロシア政府の一方的な意思に基づいていたわけではないことを証明しています。


しかし、アメリカは、クリミア半島の編入は国際法を無視した

領土拡張であるとしてロシアに抗議し、EUだけでなく日本を巻きこんで、

ロシアに対して経済制裁を実施します。

こうして、ウクライナ問題はロシアと欧米とが直接対峙する国際紛争に発展します。


本来ならば、世界の番人と言われるアメリカが当事者問の妥協案を

仲介する役割をするはずですが、ロシアとウクライナとの仲介努力をしませんでした。

また、内戦にはウクライナ政府を支援する欧米系の民間軍事会社アカデミの傭兵が

参画するなど、アメリカの行動には何か裏があるように見えました。


結果的に両者を仲介し停戦合意させたのは、ドイツのメルケル首相と

フランスのオランド大統領でした。この停戦合意の意味はEUがロシアとの

和解の舵を切ったということです。

つまり、アメリカに対し、対ロシア制裁はしないと意思表示したのでした。


年々、世界情勢は複雑に変化しています。

メディアを巻込むアメリカの汚いネオコン主導によるやり方に、

各国の誰もが不信感を覚え始めています。

ネオコンは日本にとっても厄介な集団です。

将来、日本にとって優位な構図は「日・露vs中国」、「日・米vs中国」でしょう。

その構図(安保と市場)ができれば、今後中国だけでなく、韓国、北朝鮮にも

毅然とした対応ができるはずです。


そのためには、今後のプーチン大統領との外交関係が重要になる。

日本にとってのキーワードは北方領土でしょう。プーチン大統領はロシア主権であれば、

日本に領土を部分的に渡す可能性はあるはずです。

ただ、日本がアメリカに対して日米安保がある以上、慎重になっているはずです。


紛争を前提としたロシアの領土に対する意識を辿ると、

プーチン大統領の国を守り、自国民に対する情熱を強く感じます。

短期的な営利主義に走るアメリカよりも、彼の大統領としてのこれまでの行動、

また、日本の国技(柔道)を愛する大統領ですから、

日本にとって、プーチン大統領はアメリカよりも信頼できる男のはずです。

 
◆◇◆    MBA 長友 孝幸 プロフィール    ◆◇◆ 
     
      株式会社比風屋 代表取締役 長友 孝幸
        http://www.hifuuya.co.jp/about/

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  
  
 ≪おすすめ書籍のご案内≫

 当メルマガの執筆陣の著書です。是非ご一読下さい!

 ★『知って得する年金・税金・雇用健康保険の基礎知識 2017年版』
   榎本恵一、渡辺峰男、吉田幸司、林充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/2017.php?mm=563

 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/worklifehappiness2.php?mm=563

 ★『実践 ワーク・ライフ・ハピネス』
   榎本恵一、阿部重利共著 藤原直哉監修
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_53.php?mm=563

 ★『社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ!』
   榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_52.php?mm=563
 
 ★『経営コーチ入門 経営者をサポートする』
   榎本恵一、伊地知克哉、林 充之共著
    http://www.ecg.co.jp/topics/post_49.php?mm=563


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


次号、第564号は1月10日(火)に配信予定です。

どうぞお楽しみに!

 ★☆★ ツイッター&フェイスブックもやっています! ★☆★
  一緒に盛り上げて下さい、是非フォロー&いいね!をお願いします!
   ツイッター http://twitter.com/#!/enomotokaikei
   フェイスブック http://www.facebook.com/enomotokaikei

 
○━━知って得する経営塾 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 【発行者】    株式会社イーシーセンター
 【HP】     http://www.ecg.co.jp/?mm=563
 【連絡先】    info@ecg.co.jp
 【バックナンバー】http://www.ecg.co.jp/blog/mm.php?mm=563
【発行システム】 
  まぐまぐ(ID 0000052980) http://www.mag2.com/m/0000052980.html
  メルマ!(ID 014722) http://www.melma.com/backnumber_154269/
  メルマ! (ID m00044409) http://www.melma.com/backnumber_44409/
 
 ■□■ 登録や解除はそれぞれの発行システムからお願いします ■□■ 

 ■□■□■このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます■□■□■
          All Rights Reserved (c)2000-2017
          by イーシーセンター
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○



絞り込み検索!

現在18,734コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ