スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 働き方改革と労働基準監督署の調査

コラムの泉

働き方改革と労働基準監督署の調査

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2018年01月15日 11:27
著者
社会保険労務士 山本法史 さん
ポイント
1,480,991ポイント
ポイントランキング100

平成30年1月15日 第172号
───────────────────────────────────
人事のブレーン社会保険労務士レポート
───────────────────────────────────

人材の定着率に悩んでいる方必見!
採用活動に悩んでいる方必見!!
「経営者の知らない人材不足解消法」(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E4%BA%BA%E6%9D%90%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E8%A7%A3%E6%B6%88%E6%B3%95-%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4344912063/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1502698328&sr=8-1&keywords=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E6%B3%95%E5%8F%B2


企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

働き方改革と労働基準監督署の調査

***********************************

1.はじめに
労働基準監督官が調査に来ると「誰か社員が監督署に相談に行ったから来たん
だ」という方がいらっしゃいますが税務署と一緒でランダムに来ます。
労働時間や安全衛生など課題の多い業種を絞りランダムに対象企業を絞ること
もありますし、前回の調査から何年たったから調査に入るということもありま
す。
その年の労働局の方針や労働基準監督署長の方針によるところも大きいのです。

2.形式から実態重視へ
まず労働基準監督官は「労働基準法およびその関連法規がしっかりと守られて
いるのか」を調べます。関連法規とは労働安全衛生法最低賃金法といったも
のです。
未払い賃金が問題になり、残業手当休日出勤手当深夜手当を適正に支払っ
ていないか。
管理監督者として時間外手当を支払っていない管理職は適正な範囲かなど調べ
ます。
時間外手当や深夜手当を支払っていればその部分は法律違反になりませんので
まずはここをクリアしなければなりません。
我が国の基本給の決め方は、残業が多いから、休みが多いからといった理由に
より基本給を高く設定しています。
基本給の中に残業手当も含まれているという考え方です。
しかしこれでは労働基準法を守ることが出来ません。
経営者としては支払える上限の賃金額を払いたい。
労働者からしてみれば閑散期に賃金額が低くなるのは困る。
残業手当変動費にしてしまうと予算を超過しないためにどうしても賃金額を
抑えなければなりません。
この観点から定額残業手当を導入することで経営者は支払える上限額を支払う
ことが出来ますし、労働者は閑散期でも安定した金額の賃金がもらえるのです。
このあたりの詳細は拙著「社長!残業手当の悩みはこれで解決」に書いてあり
ますので是非ご覧ください。
数年前まではこの問題をクリアしていれば労働基準監督官の調査も対応できま
した。
しかし長時間労働が問題となり、働き方改革が政府主導で進められる中、労働
基準監督官の調査は「時間外手当や深夜手当が支払われているのは当たり前」。
過重労働対策や36協定が守られているのかを中心に調べてきます。
残業手当の問題はまさに法的な問題であり、定額残業手当などのテクニカルな
部分で解決できる問題でした。
しかし労働時間の削減など「すぐに解決できない問題」の指摘がなされるよう
になってきました。
人手不足の中、既存の労働者労働時間の削減は非常に難しい問題です。
社員の定着率を高めること、社員の教育レベルを上げること、指揮命令系統を
整備し、中間管理職を育成すること。
簡単にできることではありません。
時間軸を長く設定して年単位で取り組む必要もありますし、管理職の意識改革
も大切になってきます。
特に管理職教育が重要です。
組織を実務的に動かしているのは中間管理職です。
この層を厚くしなければマネジメントはできません。
この組織作りを含めた詳細は拙著「経営者の知らない人材不足解消法」で詳細
に述べてありますのでご覧ください。
労働基準監督官の調査は小手先のテクニックでは是正できず、組織をどのよう
に改革していくのかが求められてきます。
我々社会保険労務士もそれに対応できる経験を積まなければなりません。
人事に関する問題は転換期にきています。
いい人材を集めるためにも中長期的な組織整備をしていかなければなりません
し、労働基準監督署の調査にも対応できないのです。
読者の方は是非この点をご理解いただき、取り組んでいただきたいと思います。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計25名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,686コラム
新規投稿する

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク