スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 事業譲渡と会社法上の競業避止義務

コラムの泉

事業譲渡と会社法上の競業避止義務

カテゴリ
企業法務  >  会社法
最終更新日
2018年05月15日 12:50
著者
弁護士法人クラフトマン さん
ポイント
856,972ポイント
ポイントランキング100

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスに直結する実践的判例・法律・知的財産情報
弁護士法人クラフトマン 第215号 2018-05-15

-------------------------------------------------------
法律相談ご案内
http://www.ishioroshi.com/biz/soudan_first

顧問弁護士契約顧問料)についての詳細
http://www.ishioroshi.com/biz/komon_naiyou
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 今回の事例 事業譲渡と会社法上の競業避止義務
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 知財高裁平成29年6月15日判決

 A社は、B社から、ウェブサイトを利用した婦人用中古衣類の売
買を目的とする事業を譲り受けました。

 ところがB社は、A社に譲渡した事業と同一の事業を行いました。
それで、A社は、B社に対し、不正の競争の目的をもってA社に譲
渡した事業と同一の事業を行いA社に損害を与えたとして、会社法
21条3項に基づき、当該事業の差止と、損害賠償を求めました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 裁判所の判断
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 裁判所は以下のように判断し、A社の請求を認めました。

● 会社法21条3項にいう「不正の競争の目的」とは、譲渡会社
が譲受人の事実上の顧客を奪おうとするなど、事業譲渡の趣旨に反
する目的で同一の事業をするような場合を指す。

● B社は、同事業への関心が薄いという理由を表示して売却募集
をしておきながら、譲渡契約締結後に同一の事業のためのドメイン
名を取得し、宣伝をした。

● 譲渡契約では、引継ぎを理由として営業禁止期間が設けられて
いたところ、B社は、A社が譲渡対象のサイトの運営ができない間
に、従来の顧客に、新たなサイトを開設した旨のメールを多数送付
し、新サイトが従来のサイトの姉妹サイトであるかのような誤認を
生じさせた。

● 以上から、B社は、A社に事業を譲渡したにもかかわらず、不
正の競争の目的をもって同一の事業を行ったものであり、A社は、
B社に対し、会社法21条3項に基づき、競合行為の差止めを求め
ることができる。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3 解説
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(1)事業譲渡と会社法上の競業避止義務

 事業譲渡はM&Aの一つの方法としてよく用いられる手法です。
そして、事業譲渡に関して、会社法は、譲渡をした会社が競業する
ことを禁止する、以下の規定を置いています。

  第21条 事業を譲渡した会社(・・「譲渡会社」という。)
   は、当事者の別段の意思表示がない限り、同一の市町村(東
   京都の特別区の存する区域及び地方自治法・・・の指定都市
   にあっては、区・・・)の区域内及びこれに隣接する市町村
   の区域内においては、その事業を譲渡した日から20年間は、
   同一の事業を行ってはならない。

  2 譲渡会社が同一の事業を行わない旨の特約をした場合には、
   その特約は、その事業を譲渡した日から30年の期間内に限
   り、その効力を有する。

  3 前2項の規定にかかわらず、譲渡会社は、不正の競争の目
   的をもって同一の事業を行ってはならない。

 つまり、事業を譲渡した会社が会社法上負う競業避止義務の範囲
は以下のとおりです。
  場所的範囲:同一の市区町村とその隣接市区町村の区域内
  期間   :譲渡の日から20年間(ただし、特約で最長30
        年)
  事業の範囲:同一の事業

 他方、譲渡会社が「不正の競争の目的をもって同一の事業を行う」
ことについては、前記のような制約はなく、譲受人は離れた市区町
村で競業を行う譲渡会社にも責任を追求できることとなります。


(2)ビジネス上の留意点

 もっとも、会社法21条は、小企業であってもインターネットで
広い範囲(場合によっては世界中)で事業が行えるようになったと
いう時代に照らすと、時代に合っておらず、使いにくい規定である
ことは事実です。

 それで、実務上、事業譲渡契約においては、会社法21条の規定
に頼るのではなく、売主に対する一定期間・一定範囲の競業避止義
務条項を盛り込むことが広く見られます。

 この場合には、会社法の「同一・隣接市区町村」という範囲に限
定されず、現実の事業の範囲(日本全国も含め)を踏まえた場所の
設定も可能です。また、競業避止義務の期間も現実的な範囲で定め
ることができますし、競業を禁止する事業の範囲も、会社法に定め
る「同一の事業」よりも、もう少し広い範囲で競業避止義務を課す
ことも可能です。

 M&Aは、事業を大きく発展させる機会が開かれる一方、落とし
穴もいろいろありますから、事業譲渡契約その他M&Aの契約にお
いては、経験の豊富な専門家の助けも借りて、細心の注意を払って
準備・交渉が必要である点、留意が必要と思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4 弊所ウェブサイト紹介~M&A業務
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊所のウェブサイトの法律情報の解説のページには、ビジネス・企
業に関係した法律情報に関する豊富な情報があります。

本稿のテーマと関係のある、M&A関連問題については、以下のペ
ージに解説があります。

www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/kaishahou/index/mana_houhou/

是非一度ご覧ください。

なお、同サイトは今後も随時加筆していく予定ですので、同サイト
において解説に加えることを希望される項目がありましたら、メー
ルでご一報くだされば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿の無断複製、転載はご遠慮ください。

ただし、本稿の内容を社内研修用資料等に使用したいといったお申
出については、弊所を出典として明示するなどの条件で、原則とし
て無償でお受けしています。この場合、遠慮なく下記のアドレス宛、
メールでお申出ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【執筆・編集・発行】
弁護士・弁理士 石下雅樹(いしおろし まさき)

東京事務所
〒160-0022 東京都千代田区丸の内1-5-1 
新丸の内ビルディング11階
弁護士法人クラフトマン東京国際特許法律事務所
TEL 03-6267-3370 FAX 03-6267-3371

横浜事務所
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 新港ビル4階
クラフトマン法律事務所
TEL 045-276-1394(代表) FAX 045-276-1470

mailto:info@ishioroshi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊所取扱分野紹介(契約書作成・契約書チェック・英文契約
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/keiyaku/
(弁護士費用オンライン自動見積もあります)

弊所取扱分野紹介(英文契約書翻訳・英語法律文書和訳)
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/honyaku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿に対するご意見、ご感想は mailto:info@ishioroshi.comまで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,232コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク