スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 新卒一括採用ルールの廃止について

コラムの泉

新卒一括採用ルールの廃止について

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2018年10月16日 15:42
著者
オフィス中橋 さん
ポイント
394,534ポイント
ポイントランキング100

===================================================
 ○中小企業戦略【総務の知恵】  2018.10.15
 新卒一括採用ルールの廃止について  vol.330
=================================================
 なかはしです。
急に秋風が吹き、肌寒く感じる日も多くなりました。
温かい鍋物がおいしい季節となりました。
皆様は、誰と暖まりますか?

<新卒一括採用ルールの廃止について>
経団連は、10月9日大手企業の採用面接の解禁日を決めた
指針を2021年入社の廃止することを決定しました。
新たなルールづくりは、政府主導となり、大学側と経済界と
月内に策定する予定です。

現在は、3年生の3月1日に説明会の解禁し、4年生の6月
1日に面接を始めるルールになっています。今後は、若者現象の為、
人材争奪は、激しさを増し、実質的な就活の早期化が考えられます。
経団連は、就業体験(インターンシップ)と採用を直結しないよう企業に
求めてきたが、企業の人材の抱え込みが広がっていく見込みです。
政府は、新たな就活ルールとは別に、雇用全般のあり方を未来投資会議で
議論する予定ですが、人材不足に悩む中小企業にも、配慮が欲しい
ものです。

採用内定とは>
採用内定とは、採用内定の通知とこれによる承諾により、労働契約は成立していることになります。
ただし、採用内定における雇用契約は、仕事を開始する始期に応募者の雇入れを約するものです。
そこで、一般的には雇入れに際しての特約として、就労開始の日までに、採用内定通知書に記載された
採用内定取消し事由が、万が一発生した場合には、使用者は、解約権を行使することができます。
ただし、解約権の行使は、無制限にできるものではなく、目的に照らして、
客観的に合理性が認められ、社会通念上相当であると認められるときに限って行使できます。

当事務所は、本当の中小事業主の味方です。
最後までお読み頂きましてありがとうございます。
ご不明の点は何でもお気軽にお尋ね下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〒540-0011
         大阪市中央区農人橋2丁目1番31号 第6松屋ビル
          オフィス中橋 社会保険労務士 中橋章好
           http://www.e-soumu.co.jp/  
お薦めメールマガジン 「中小企業戦略 総務の知恵」
メルマガ登録解除は⇒http://www.mag2.com/m/0000141772.htm まで
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,200コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク