スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 発行可能株式総数減少に伴う株主総会議案の記載内容について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

発行可能株式総数減少に伴う株主総会議案の記載内容について

著者  さこん さん 最終更新日:2017年05月20日 11:36
いつもお世話になっております。

発行可能株式総数を減少させるとことについて検討しています。

発行可能株式総数を変更するためには、株主総会において定款の一部変更を
議案化しようとしていますが、その招集通知に記載する提案理由について悩んでいます。

発行可能株式総数の変更を行う場合、一般的には増加させることが多く、
その記載理由も「機動的な資金調達のため」といったことが表現が多く見受けられ、
逆に減少させるといったことが少ないようです。

今回、減少させる特段大きな理由もなく、減少させる場合の提案理由が
なかなか書ききれなくて困っています。

一文程度でかまわないと思いますので、減少させる理由について
何か良い文章がありましたら、教えていただけないでしょうか。

宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 発行可能株式総数減少に伴う株主総会議案の記載内容について

著者  いつかいり さん 2017年05月20日 20:36
私見ですが、

公開会社でなければ総会特別決議ですので、とても機動的調達なぞ行えるわけなく、非公開会社にとって授権資本制は盲腸的存在です。減資、併合等でなければ、いじる意義がありませんので、その手の文案はないものと思われます。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク