スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 年末調整の再調整について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

年末調整の再調整について

著者  コマピ さん 最終更新日:2018年01月12日 23:43
年末調整の再調整の方法について、お伺いします。

私のミスで、ある従業員保険料が控除されていないことに気づき、再計算してみると、12月分の給与で本来よりも1600円ほど多く引いてしまっていました。

源泉徴収票の発行も、法定調書合計表の提出もまだなので、やり直しをしたいのですが、

①1月分の給与で、1600円を従業員に還付する(従業員には事情を説明済です)。
②1月の給与明細には、1600円が年末調整の再計算分であることを明確に記載する。

ということでよろしいのでしょうか。



また、

①もし、上記の①と②であっているなら、その従業員の給与は、通常通り1月分を計算して、そこに、再調整分として単純に1600円をプラスするだけでよいのでしょうか。(←この1600円が1月分の給与にプラスされることで、この従業員が今年度中に本来支払うはずの額より、所得税が多くなってしまわないように計算しなくてはならない、という理解であっておりますでしょうか?)


②12月の年末調整で10万円ほど超過額があり、まだ還付未済額が2万円ほどのこっているので、1月の納付書の「超過税額」欄に、2万円と1600円の合計額を記載すればよいということでしょうか。(摘要欄にどのように記載すればよいでしょうか。)

③市区町村に送付する「給与支払い報告書」はまだ発送していないのですが、保険料を控除したものだけを提出するのでしょうか。(再調整した旨など、摘要欄に記載するのでしょうか)

④同様に、法定調書合計表の1の「源泉徴収税額」の記入や、摘要欄の記入などはどうすればよいのでしょうか。


当方、税金のことなどほとんどよくわからないまま、参考書片手にいつもやっており、基本的なことも分かっていないかと思います。

恐れ入りますが、ご指導、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 年末調整の再調整について

著者  ton さん 2018年01月13日 02:00
こんばんは。

> 年末調整の再調整の方法について、お伺いします。
>
> 私のミスで、ある従業員保険料が控除されていないことに気づき、再計算してみると、12月分の給与で本来よりも1600円ほど多く引いてしまっていました。
>
> 源泉徴収票の発行も、法定調書合計表の提出もまだなので、やり直しをしたいのですが、
>
> ①1月分の給与で、1600円を従業員に還付する(従業員には事情を説明済です)。
> ②1月の給与明細には、1600円が年末調整の再計算分であることを明確に記載する。
>
> ということでよろしいのでしょうか。
>

それで大丈夫です。

>
> また、
>
> ①もし、上記の①と②であっているなら、その従業員の給与は、通常通り1月分を計算して、そこに、再調整分として単純に1600円をプラスするだけでよいのでしょうか。(←この1600円が1月分の給与にプラスされることで、この従業員が今年度中に本来支払うはずの額より、所得税が多くなってしまわないように計算しなくてはならない、という理解であっておりますでしょうか?)

単純に手取を増やすだけなので源泉所得税欄ではなく住民税以降の控除項目でマイナス控除として記載し手取を増やしましょう。
控除のマイナスですから計算上はプラスになります。

> ②12月の年末調整で10万円ほど超過額があり、まだ還付未済額が2万円ほどのこっているので、1月の納付書の「超過税額」欄に、2万円と1600円の合計額を記載すればよいということでしょうか。(摘要欄にどのように記載すればよいでしょうか。)

前年12月は0納付になっているかと思います。通常は12月に一旦会社が全額還付しますが全額還付していないのでしょうか。
12月年調後徴収額より還付額が多い場合は0納付となり超過分を摘要欄に1月充当額 〇〇円 と記載しますが還付されていない額もあるということでしょうか。
1月で全額還付し納付額が発生するのであれば適用記載はありません。
例 12月税額 80,000 
  年調還付額 100,000 
  本年納付額     0
摘要欄 1月充当額 20,000 と記載
このとき10万は12月中に一旦会社が全額立替え還付とすることが多いですがそうはしなかったということですよね。
12月税額 80,000
年調還付額 80,000
本年納付額    0
摘要欄 特に記載なし でしょうか。
摘要欄 1月充当 20,000 でしょうか
12月の納付書をどのようにされているかで変わります。

> ③市区町村に送付する「給与支払い報告書」はまだ発送していないのですが、保険料を控除したものだけを提出するのでしょうか。(再調整した旨など、摘要欄に記載するのでしょうか)

税務署、市町村に提出していなければ再年調とはなりません。
現在は会社が再年調しているだけで役所へは再年調・再提出の状態ではありませんので正しいものを提出するだけです。
通常の提出となります。

> ④同様に、法定調書合計表の1の「源泉徴収税額」の記入や、摘要欄の記入などはどうすればよいのでしょうか。

③同様1度でも役所に提出しているかどうかです。
提出していれば年調再提出ですが未提出だと通常提出です。

1月の納付書については12月からの続きになりますので12月の作成状況によりますのでご確認ください。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 年末調整の再調整について

著者  コマピ さん 2018年01月13日 21:00
ton様

さっそくのご指導ありがとうございます。
何年か前に質問した際にも助けていただいた記憶があります。その節もありがとうございました。

1600円をマイナス控除、、なるほど!!
非課税欄に記入するのだろうか、、と考えていました。


12月の納付はゼロで、毎年1月分に充当しています。
(余談ですが、ほとんどの会社は、1月に充当せずに還付してもらっているのでしょうか。。還付するに当たっての手続きが面倒なのかと思って、毎年1月に充当していますが、、、)

ですので、摘要欄に、還付未済額として1月充当2万円と記載しています。

引き続き、ご指導お願いいたします。



こんばんは。
>
> > 年末調整の再調整の方法について、お伺いします。
> >
> > 私のミスで、ある従業員保険料が控除されていないことに気づき、再計算してみると、12月分の給与で本来よりも1600円ほど多く引いてしまっていました。
> >
> > 源泉徴収票の発行も、法定調書合計表の提出もまだなので、やり直しをしたいのですが、
> >
> > ①1月分の給与で、1600円を従業員に還付する(従業員には事情を説明済です)。
> > ②1月の給与明細には、1600円が年末調整の再計算分であることを明確に記載する。
> >
> > ということでよろしいのでしょうか。
> >
>
> それで大丈夫です。
>
> >
> > また、
> >
> > ①もし、上記の①と②であっているなら、その従業員の給与は、通常通り1月分を計算して、そこに、再調整分として単純に1600円をプラスするだけでよいのでしょうか。(←この1600円が1月分の給与にプラスされることで、この従業員が今年度中に本来支払うはずの額より、所得税が多くなってしまわないように計算しなくてはならない、という理解であっておりますでしょうか?)
>
> 単純に手取を増やすだけなので源泉所得税欄ではなく住民税以降の控除項目でマイナス控除として記載し手取を増やしましょう。
> 控除のマイナスですから計算上はプラスになります。
>
> > ②12月の年末調整で10万円ほど超過額があり、まだ還付未済額が2万円ほどのこっているので、1月の納付書の「超過税額」欄に、2万円と1600円の合計額を記載すればよいということでしょうか。(摘要欄にどのように記載すればよいでしょうか。)
>
> 前年12月は0納付になっているかと思います。通常は12月に一旦会社が全額還付しますが全額還付していないのでしょうか。
> 12月年調後徴収額より還付額が多い場合は0納付となり超過分を摘要欄に1月充当額 〇〇円 と記載しますが還付されていない額もあるということでしょうか。
> 1月で全額還付し納付額が発生するのであれば適用記載はありません。
> 例 12月税額 80,000 
>   年調還付額 100,000 
>   本年納付額     0
> 摘要欄 1月充当額 20,000 と記載
> このとき10万は12月中に一旦会社が全額立替え還付とすることが多いですがそうはしなかったということですよね。
> 12月税額 80,000
> 年調還付額 80,000
> 本年納付額    0
> 摘要欄 特に記載なし でしょうか。
> 摘要欄 1月充当 20,000 でしょうか
> 12月の納付書をどのようにされているかで変わります。
>
> > ③市区町村に送付する「給与支払い報告書」はまだ発送していないのですが、保険料を控除したものだけを提出するのでしょうか。(再調整した旨など、摘要欄に記載するのでしょうか)
>
> 税務署、市町村に提出していなければ再年調とはなりません。
> 現在は会社が再年調しているだけで役所へは再年調・再提出の状態ではありませんので正しいものを提出するだけです。
> 通常の提出となります。
>
> > ④同様に、法定調書合計表の1の「源泉徴収税額」の記入や、摘要欄の記入などはどうすればよいのでしょうか。
>
> ③同様1度でも役所に提出しているかどうかです。
> 提出していれば年調再提出ですが未提出だと通常提出です。
>
> 1月の納付書については12月からの続きになりますので12月の作成状況によりますのでご確認ください。
> とりあえず。
>
返信新規投稿する

Re: 年末調整の再調整について

著者  ton さん 2018年01月14日 03:56
> ton様
>
> さっそくのご指導ありがとうございます。
> 何年か前に質問した際にも助けていただいた記憶があります。その節もありがとうございました。
>
> 1600円をマイナス控除、、なるほど!!
> 非課税欄に記入するのだろうか、、と考えていました。
>
>
> 12月の納付はゼロで、毎年1月分に充当しています。
> (余談ですが、ほとんどの会社は、1月に充当せずに還付してもらっているのでしょうか。。還付するに当たっての手続きが面倒なのかと思って、毎年1月に充当していますが、、、)
>
> ですので、摘要欄に、還付未済額として1月充当2万円と記載しています。
>
> 引き続き、ご指導お願いいたします。

こんばんは。
そうですね。多くは12月給与で全額還付していることが多いでしょう。
手続的なことは社内だけで税務署には納付書対応だけで影響ありませんしね。
12月が充当額で0円納付であれば1月は残額のみの充当ですから納付書の超過額に記載し差引納付するだけです。
その際12月の0納付の適用に記載された額と同額かどうかご確認ください。
とりあえず。

PS 参考までに12月全額還付時

12月給与から所得税徴収として・・・
納付書は先に参考記載したとおりになります。
給与の源泉預り金がマイナスになりますが1月で充当納付となりますので一致してきます。
例 12月給与  50,000
  還付金    80,000
 預り金   ▲ 30,000 残高 0円納付
 1月給与    70,000
 不足額充当 ▲ 30,000
  納付     40,000  差引0円残高 
預り金を管理されれば大丈夫でしょう。
後は資金的にどうなのかだけですね。
とりあえず。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク