スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 一括償却資産(「3年で償却の意味:とても初歩的なことですが)

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

一括償却資産(「3年で償却の意味:とても初歩的なことですが)

最終更新日:2018年04月22日 00:40
とても初歩的な話ですが、一括償却資産というのは、3年償却だとよく聞きます。「初年度は、半年分を償却すればいいんだ」、とも聞きます。


①「購入時は、それが上期であろうと下期であろうと、
  半年分(つまり6か月分)を償却し、
  翌年度と翌々年度は、それぞれ12か月分(合計24か月分)を償却し、
  そのまた翌年度は、6か月分、ということ」、

つまり、
②「3年で償却というのは、36ヶ月」という意味。
  実際の話としては、
  「足かけでみれば、4年で償却である(4年度)」、しかし、
  「月数でいえば、36ヶ月なので、『3年で償却』と呼んでいるのだ」
 ということでしょうか?

とても、初歩的なことですが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 一括償却資産(「3年で償却の意味:とても初歩的なことですが)

著者  ファインファイン さん 2018年04月22日 08:52
いいえ、3年均等償却です。

一括償却資産:対象となるのは取得価額が10万円以上・20万円未満の償却資産
に限ります。


> 「初年度は、半年分を償却すればいいんだ」、とも聞きます。

初年度も取得時期にかかわらず取得価額の3分の1を償却できます。

参考(経理プラス:一括償却資産はどう扱う?償却資産税の取扱いは?)
https://keiriplus.jp/tips/ikkatsu_syokyakushisan_atsukai/


例として取得価額18万円、決算期は12月、取得時期も12月としましょう。

1年目の減価償却費:18万円×3分の1=6万円(月数按分なし)
2年目・3年目の減価償却費:18万円×3分の1=6万円
3年目の期末時には残存簿価はゼロになります(備忘価額1円を残す必要はありません)。4年目に持ち越すことはありません。月数按分しませんので36か月という計算は無意味です。

また3年目を待たずに毀損等による廃棄、売却等があって現物が存在しない状態になっても減価償却は3年間続けなければなりません。

法人税申告の際に別表16-8(一括償却資産損金算入に関する明細書)の提出が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/itiran2017/pdf/16_08.pdf
返信新規投稿する

Re: 一括償却資産(「3年で償却の意味:とても初歩的なことですが)

2018年04月22日 18:10
「3年均等償却です。」
一括償却資産:対象となるのは取得価額が10万円以上・20万円未満の償却資産

  有難うございました。初年度に3分の1を償却なのですね。
  すると、二年目に、同じく3分の1、三年目に3分の1で、
  残存価額はゼロですね。
  私は、固定資産税(土地、家屋、償却資産)の場合と、
  ごちゃぼちゃに記憶していたのかもしれません。
  迂闊でした。

返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク