スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > <年調>前職分の源泉徴収票(未払い給与がある時)

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

<年調>前職分の源泉徴収票(未払い給与がある時)

著者  もこだまNEKO さん 最終更新日:2018年12月07日 12:05
年調時期にいつもこちらでお世話になっております。
また初めて扱うパターンがありましたので、ご存知の方教えて下さい。

中途入社の方より、前職分の源泉徴収票を受け取りました。
本年の年末調整に含めるのですが、支払金額と源泉徴収税額が二段書きになっていました。(社会保険料は一段書きのみ)
ネットで調べたところ、どうやらこれは前職で未払い給与があるらしいということが分かり、本人に確認したところ前職が倒産し給与が全部出ていない事が分かりました。

当社で行う年末調整時には、未払分を含んで年調して良いのでしょうか?

詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。
(急いでおりました為、既出の質問でしたらすみません。)


スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: <年調>前職分の源泉徴収票(未払い給与がある時)

著者  村の平民 さん 2018年12月07日 14:28
著者 もこだまNEKO さん最終更新日:2018年12月07日 12:05について私見を述べます。

① 課題は質問者の責任から出たものではありません。
 しかし対応を間違えると、法的責任を負わせられる危険があります。

② 質問はすべて事務処理上のことです。回答者の主義主張によって異なる回答を得られる性質のものではありません。
 税務署へ問い合わせることを強くお勧めします。

③ 本欄でときどき申し上げますが、私を含め「総務の森」の閲覧者(回答者)や、Webの記事は、回答などに法的責任を負いません。その回答などを信じて違法または間違ったな行為などをした結果、処罰されたり損害を生じても、回答者やWeb掲載者は一切責任を負いません。泣くのは質問者だけです。
 しかし、近隣で看板を掲げている税理士になにがしかの報酬を支払って相談や業務委託した場合は、それとは全く違います。
 間違ったことをそれら士業が行えば、法律上・民事上の責任を負わなければなりません。また、士業の資格剥奪もあり得ます。
 総務の森の利用はタダです。「タダほど高いものはない」・・・
返信新規投稿する

Re: <年調>前職分の源泉徴収票(未払い給与がある時)

著者  もこだまNEKO さん 2018年12月07日 15:49
村の平民さん

返信有難うございます。
そうですね、本件は税務署に聞いた方が良さそうですね。
もちろんこの場で返信を頂いたものは、全て鵜呑みに・・とは思っておりませんのでご安心下さい。きっと無責任に回答する人もいるかもしれませんので。
ただ、本件は他社なら結構よくある(処理している)ケースなのかな?と思い質問してみたという具合です。
返信新規投稿する

Re: <年調>前職分の源泉徴収票(未払い給与がある時)

著者  もこだまNEKO さん 2018年12月07日 18:40
国税庁に問い合わせしました】

<結果>
支払金額の”内”と書いてあるものは未払給与を指すそうです。(上段部分)
当然、源泉徴収税額にもその未払給与に対する源泉税が徴収出来ていない時は、ここにも二段書きで表記されているそうです。

前職の源泉徴収票でこうした未払給与がある時は、次の転職先での年末調整は全ての額を含めて年末調整をして下さいということでした。

本人からしたらまだ給与もらえていないのに?・・と思いそうですが。
少しこのあたりは疑問が残りますが、国税庁の答えでしたので念の為追加報告させて頂きます。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク