スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > 飲食業初!天丼ランチのせ放題 てつたろう(大阪市北区)を運営す

プレスリリース

労務・総務・税務関連リリース

飲食業初!天丼ランチのせ放題 てつたろう(大阪市北区)を運営する 株式会社フォーシックス(代表取締役 柳川誉之)が、「第3回ホワイト企業アワード」を受賞!

最終更新日
2018年03月14日 12:00


天丼ランチのせ放題 てつたろう梅田中崎町店(大阪市北区)を運営する、株式会社フォーシックス(所在地:大阪、代表取締役:柳川誉之)は、飲食業としては初めてとなる「ホワイト企業アワード」を受賞しました。


「受賞企業一覧」

https://goo.gl/eHXo5p




「ホワイト企業アワード」とは、

一般財団法人日本次世代企業普及機構が次世代に残すべき素晴らしい企業を広く募り、ホワイト企業として表彰するものです。今回は877社エントリーの中から27社がアワードとして選ばれました。


当社はこの度、

「従来は障がい者の方の雇用が難しい業種・規模にも関わらず、工夫と改善を重ねて受入れ体制を構築できていること。」こと、

また「中小企業にとってお手本となる取り組み内容、結果であること。」が評価され、

インクルージョン部門賞の受賞となりました。


当社では、「感謝する心を忘れず 人と人とのつながりを以て企業とする」を理念に、

スタッフとその家族の幸福度を高めることを第一のミッションとしています。

今後もこのホワイト企業アワードの受賞に恥じないよう、一人一人を大切にしながら全ての人の幸福度を高め

社会へ貢献できる企業として努力を積み重ねてまいります。


≪ホワイト企業アワードについて≫

2016年に創設されたこの賞は、単なる働きやすさの充実にとどまらず、

次世代に残すべき企業の特徴として以下の3要素を審査基準とし、一次、二次、三次、最終審査を通して決定されます。

適正な利益・お客様からの評価・従業員の満足、この3つ全てを大切にし、またそのバランスが取れている企業であるかどうか

ホワイト企業である、という自負を持ち、今ない新しい働き方、会社のあり方にチャレンジしている企業であるかどうか

ムーブメントとしての「働き方改革」ではなく、取り組み内容が他の企業からみて学ぶべきものがある企業であるといえるかどうか


≪表彰式について≫

日時:3月14日(水)15時00分

会場:明治記念館 若竹の間(東京都港区元赤坂2-2-23)

内容:・第3回アワード振り返りディスカッション「ティーミーティング」

・授賞式・受賞企業による特別セミナー

・第3回ホワイト企業アワードの総括

最終審査企業41社の取り組みから学ぶ、日本最先端・最高峰の働き方改革とは?


☆当社の受賞部門☆

第3回ホワイト企業アワード インクルージョン部門


☆受賞理由☆

総評

従来は障がい者の方の雇用が難しい業種・規模にも関わらず、工夫と改善を重ねて受入れ体制を構築できていること。

中小企業にとってお手本となる取り組み内容、結果であること。

社内業務の整理を通じて視覚化が出来ており、働きやすい環境を作り上げていること。

評価の仕組みや関わり方を変えることで、弱みを解消するのではなく強みを活かす組織風土となっていること。

障がい者雇用を通じて中核となる若手人材が成長していること。


その他の受賞企業につきましては、日本次世代企業普及機構のホームページをご覧ください。

日本次世代企業普及機構ホームページ

https://jws-japan.or.jp/category/news/


【今後の展望】

「障害者雇用、高齢者雇用へ向かうこと」を条件に

天丼ランチのせ放題のライセンス販売を準備中


【株式会社フォーシックスについて】

本社:〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉8−13−1

設立:2013年1月

代表者:代表取締役 柳川誉之

資本金:3百万円

事業内容:海鮮居酒屋の運営

事業拠点数:2拠点

http://forsix.jp/

てつたろうFACEBOOKページ

https://www.facebook.com/umedanakazaki/







提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク