スポンサーリンク

相談の広場

井戸端スペース 総務担当者の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

扶養について

著者  teketo さん 最終更新日:2012年01月06日 17:00
現在、雇用している方で海外のグループ親会社工場に出向している従業員がいます。
日本国内での賃金は最低限で、年収80万程度の契約です。主たる収入はその赴任先からになっています。
そこで、扶養についての質問です

日本に残している奥様も正社員として働いておりましたが、1月いっぱいで、バイト契約に変わるので、夫の扶養にはいりたいとの申し出がありました。
通常であれば問題ないと思いますが、国内での収入が実質80万程度で奥様を扶養に入れることって可能なんでしょうか?
ひょっとするとバイトに変わった奥様の方が、収入が多いかもしれません。

素人みたいな文章でわかりづらくてすみませんが、教えていただければと思います。

スポンサーリンク

返信

Re: 扶養について

著者  プロを目指す卵 さん 2012年01月07日 16:16
扶養控除等申告書が適用となるのは居住者だけであって、海外勤務の非居住者には適用されません。

また、海外勤務者の海外勤務に対して日本国内で支払われる給与は非課税です。

従って、国内に残留している配偶者を控除対象配偶者として申告することができませんし、したとしても税額上はなんのメリットもない筈です。

もっとも、在住国との租税条約で申告が必要ならば別問題ですが。
返信
1~1  (1件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク