スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

派遣元にもセクハラ防止義務があります【経営者向け】

ある日セクハラ問題が明らかになりました

セクシャルハラスメント、いわゆるセクハラ問題が発生したとき、経営者は迅速かつ適切に問題に対処することが求められます。従業員を守るためにも、会社を守るためにもきちんと対処しなくてはなりません。

派遣先派遣元の責任は?

さて、派遣労働者に対するセクハラの場合、実際に働いている場所は派遣先企業になります。派遣先企業でセクハラ防止策はもちろん必要ですが、派遣元はどうなのでしょうか?

ある裁判例(大阪高裁平成25.12.20)を例に説明します。
1.派遣労働者X(女性は)派遣会社に登録していました
2.派遣会社から派遣先へ派遣されました
3.派遣先の上司AはXにセクハラをしました
4.Xは派遣先および派遣会社に苦情を言いました
5.派遣先は上司Aを一度は異動させますが、その後もとの職場に戻しました
6.5.の際にXが職場にいると仕事がしづらいということでXの派遣契約を解約しました
7.Xは派遣会社の上司Bにも苦情を何度も伝えましたが特に何もしませんでした

というケースです。

派遣元の責任は?

この場合派遣元が責任を問われることはあるのでしょうか?

結論としては、派遣会社は50万円の支払いを命じられました。派遣元の責任が問われたわけです。特に大事な点としては、派遣会社上司Bが相談を受けていたのに何もしていなかった。やるべきことをやっていなかったと認定されたことです。一方派遣先会社は、一応は異動させたとして責任は問われませんでした。

派遣会社は契約派遣先の意向に背くことは困難な面もあります。しかしながら、不当解雇に対する抗議などやるべきことをやっていない場合、派遣元も責任を問われる可能性があります。

派遣労働という特殊な雇用形態ではありますが、同じ職場で働く人は同じように配慮が必要です。



ストレスチェックQ&Aまとめページ はこちらから。
http://cp-sr.com/stress-check

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、社長専属カウンセラーとして社長の悩みをとことん聴きます。
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

※ストレスチェック制度の本を3冊出版しました。
詳細はHP
http://cp-sr.com/archives/info/publish
をご覧ください。


業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://cp-sr.com/contact/

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6階
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,544コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

PAGE TOP