• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

誤った常識にとらわれない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■□■ 誤った常識にとらわれない 第142号 ■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メールマガジンは、
弁理士である著者が、特許の実務に携わる方にとって、
お役に立つ情報がご提供できればと思い、

 ★特許の実務を進める上で役立つ情報
 ☆日常の業務の中で得た考え方やノウハウ

等を配信させて頂いております。

●ご不要な方は、本メールの一番最後に解除ページのご案内がございますので、
 大変お手数ではございますが、そちらのページから解除をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




こんにちは。田村良介です。


休日に家族で「ビール工場」の工場見学に
行ってきました。

ビールがどうやってつくられるのかにも
興味があったわけですが、

それよりも、ビールが飲めるかも?
という期待の方が、大きかったかもしれません。


工場見学の最後には、お待ちかね、
ビールの試飲が待っていました。

なんと、3種類のビールから好きなものを、
グラス3杯分まで飲んでも良い、とのこと。

お昼から、酔っ払ってしまいました。



ところで話はガラッと変わりますが、

インターネットで、
「間違った意味で使われている単語ランキング」
なるものを発見しました。


例えば、「ハッカー」。

広辞苑によると、
「コンピュータに精通し、熱中している人」。

それが転じて、
「コンピューターシステムに不法に侵入して
 プログラムやデータを破壊する人」

になったようです。


間違った意味で使われている単語として、

その他にも「他力本願」、「破天荒」、
「なしくずし」などがあげられていました。


どうも、私は、その多くについて、
本来の意味を知らなかったようです。


仕事がら、日本語には自信があったわけですが、
実は、日本語力ないかも。。。あはは。。。


このように、一般に当然と思われていることでも、
実は誤っている、みたいなことは
あるかもしれませんね。



さて、本題です。

特許の業界では、

「権利範囲が広くなるように、より上位概念の
 単語を用いて請求項を書きましょう」

ということが、よく言われます。


ただ、私が請求項を記載するときに、

単語を上位概念化することを意識しているか?
というと、あまり意識していないんですよね。


では、何を意識しているかというと、

『その発明の効果が得られる理由は何か?』

ということ。


発明の効果が得られる理由が分かれば、
『発明の本質的な要素が何か』が見えてきます。


その本質的な要素をもとに記載すれば、

用いる単語を上位概念化することを
特に意識しなくても、

自然とより上位概念の単語を用いて、
請求項を記載することができます。



上位概念化ありきではなく、

発明の本質的要素を捉えれば、
上位概念化もできますし、

可能な限り、広い請求項を
記載することができます。


一方、単語を上位概念化することだけを
意識していると、

発明の本質的要素を捉えることができずに、
結果として、権利範囲は狭くなるのではないかと。


もしかすると、

「上位概念化して請求項を記載する」は、
特許業界の「ハッカー」かもしれません。




|◆今日のポイント◆
└───────────────────

 ☆権利範囲の広い請求項を書くポイントは、
  単語を上位概念化することではなく、

  『発明の本質的要素は何か?』

  を考えること。



今回のメルマガは以上となります。

------------------------------------------------------------------------

ご職場の方やご友人にも、教えてあげてください。
 ⇒  http://www.mag2.com/m/0001132212.html

------------------------------------------------------------------------

<お知らせ>

 審査の結果、拒絶理由通知や拒絶査定が届いたけれど、
 どうしても特許にしたいのに、非常に厳しい、

 もし、そのようなことがありましたら、
 弊所での中途受任について、ご検討ください。


 弊所は、拒絶理由通知への対応を得意としており、
 
 これまでも、非常に厳しいと思われる出願について、
 特許査定や特許審決を得ることができております。


 もちろん、権利範囲をできるかぎり狭めずに、

 貴社が特許化したいとご希望される請求項で、
 対応させていただきます。


 ただし、これまでも20件に1件は、
 どうしても特許にすることができない出願がありました。

 そこで、成功報酬型とさせていただくことで、
 (特許印紙代についてはご負担いただきます)

 費用面での貴社のリスクを最小限にさせていただきます。

 
 詳しくは、弊所のお問合せページ https://goo.gl/46w3O0
 よりお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------------
■当メールマガジンについて

※当メールマガジンは、私個人の特許に対する考え方や
 ノウハウをお伝えするものであり、ご紹介する内容の
 すべてが絶対的に正しいとは、考えておりません。

 予めご了承いただいたうえで、お読みください。

■メールマガジン「役に立つ特許実務者マニュアル」は
 著作権により保護されています。

------------------------------------------------------------------------

□メルマガ名:【特許実務者マニュアル】
□発行元  : 特許業務法人 ライトハウス国際特許事務所
□執筆/編集 : 田村良介
□URL    : 【特許http://www.lhpat.com
    【商標http://www.lhpat-tm.com
□E-mail  : ml@lhpat.com
□解除ページ: http://www.mag2.com/m/0001132212.html
 ※今後、当メールマガジンの配信が不要な場合は、大変お手数ではございますが、
  上記のURLより登録の解除をお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2017 Ryosuke Tamura All rights reserved

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,439コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP