スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

中小企業の2,000万円不足対策?

━━━━ 2019/06/17(第815号)━━━

■実践!社長の財務

 東京メトロポリタン税理士法人
  税理士 北岡修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『中小企業の2,000万円不足対策?』


●「老後2,000万円不足」問題は、ずい分と大きな波紋を広げてい
ますね。

もちろん、老後資金を用意するのは、本人の努力や心掛けが大事な
のでしょうが、経営者にとっては、うちの社員は大丈夫か、と心配
になるのではないでしょうか?


退職金の平均が1,700万円から2,000万円だなどと、ネットに出て
いたりしますが、それは大企業の話です。

中小企業で社員にそんな多額の退職金が出ていることは、ほとんど
ありません。
それをベースに考えているとしたら、恐ろしいことですね。


●経営者、特に中小企業の経営者にとって、社員の老後を考えて、
様々な制度を作ることは大事なことです。

退職金制度や退職金共済、民間の保険を使った福利厚生、401Kなど
いろいろ検討しているかと思います。

ただ、大企業並みの退職金制度を作れるかというと、なかなか難し
いと思います。限度があります。


●そこで中小企業にとって、一番の方法は、社員にできるだけ長く
働いてもらう、ということではないでしょうか?

老後が苦しくなるのは、たとえば55歳で役職定年になって、役職手
当がなくなり、60歳で定年再雇用で給与が極端に下がり、65歳まで
には退職して収入がなくなる...という面が大きいと思います。


●貯めることも大事ですが、それができないうちに、収入が減って
いってしまうと、貯めたお金を取り崩していってしまうことになり
ます。
そうなると、65歳で貯蓄がほとんどない、という状況になってしま
いかねません。正に2,000万円不足問題になってしまうわけですね。


●そこで先ほど述べたように、できるだけ長く働いてもらう、それ
も本人の能力、経験を活かし、できるだけ給与が減らない形で働い
てもらえるような体制にしていく。

多額の退職金が準備できない中小企業では、そのような形を模索し
ていくのが一番だと思うのですが、いかがでしょうか?


定年70歳なんて話があるように、70歳はまだまだとても元気で、
全然働ける年齢だと思います。

実際、経営者や士業などは、70歳以上でもバリバリやっている人が
多いです。


●体力は多少はなくなるでしょうが、能力が落ちることはそれ程ない
と思います。
それよりも今までやってきた経験や知識、技術が大いに活きる仕事
は結構あるのではないかと思います。

中小企業経営者は、是非、そのような形を模索して欲しいですね。


━━━【セカンドオピニオン!】━━━
■税務、事業承継、自社株対策等のセカンドオピニオンご希望の方、
下記サイトにて、ご案内しています。

税理士セカンドオピニオン
現在の顧問税理士以外に、専門家の意見を聞いてみたいとお考えの
経営者・オーナー様必見!
 ⇒ https://www.tm-tax.com/2ndopinion/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━【相続税対策メルマガ】━━━━
相続相続税対策に関心のある方は、下記メルマガも是非、
お読みください。

【併せて読みたい「実践!相続税対策」】
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━【事業承継対策メルマガ】━━━
事業承継や自社株対策に特化したメルマガを始めました!

事業承継や自社株対策について知っておきたいこと、注意すべき
ことを毎週金曜日発信していきます。

【併せて読みたい「実践!事業承継・自社株対策」】
https://www.mag2.com/m/0001685356.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献
する。
◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中
小企業が、「強い会社」「儲かる会社」になるために、財務・会計
を中心に誠心誠意支援していく。

※是非、当社のHPもご覧ください。
http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など
→  kitaoka@tmcg.co.jp 
 お気軽にメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】東京メトロポリタン税理士法人
    http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一
    kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1
    新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991
【FAX 】03-3345-8992
──────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )
ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  

プロ野球交流戦、いつもは見れない対戦があって面白いですね。
これでペナントレースの流れも変わったりすることがあるので、
プロ野球にとっては欠かせないものになってきた感があります。
それにしても、なぜこうもパ・リーグの方が強いのかと不思議
です。今年も現時点でパ・リーグが勝ち越しているようですが...。

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,463コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP