• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年最低賃金額の改定について

令和元年10月15日 第193号
───────────────────────────────────
人事のブレーン社会保険労務士レポート
───────────────────────────────────

***********************************

令和元年最低賃金額の改定について

***********************************

1. はじめに
 令和元年10月1日より東京都の最低賃金は1013円となります。
ついに1000円を超えてしまいました。
 最低賃金額を引き上げると労働者が幸せになるという事は間違いです。
偉い経済学の先生が「最低賃金を引き上げるメリット」を述べられていますし、
最低賃金額を引き上げた際に経済に悪影響を与えるというエビデンスがないと
いう方もいらっしゃいます。
 実務家として中小企業の経営に携わっていますと、この考え方に驚きを感じ
ます。
最低賃金額を一定程度に保つという事は必要であると思います。
しかし最低賃金額が適用されるのは全ての労働者に対してです。
昨日まで中学生であった社会人としてのマナーを知らない高校生の賃金額が
1013円になります。しかしこの最低賃金額の上昇分を価格転嫁できません。
小売店においては乳製品の価格上昇を未だ消費者に価格転嫁できていない状況
です。
最低賃金額を引き上げて、その上昇分を価格転嫁でき、消費者もそれを受け入
れて消費意欲を保ってくれるということが前提になってきます。
しかし価格転嫁が出来ず、消費者もそれを受け入れないことを考えると最低賃
金額を引き上げても経済が活性化するわけがないのです。
高校生の賃金額が上昇するけれども、価格転嫁ができない以上総人件費は変え
られない。
よって正社員の賞与を減らしたり、昇給ピッチを少なくすることしかできませ
ん。
労働者の家計が楽にならないのです。
実務家として当たり前のことを「エビデンスがない」といって最低賃金額を上
昇させることを政策として進めることは理解できません。
 例えばこの1013円の最低賃金額が「3年間一生懸命働いた人の賃金額」
という事であれば理解できます。
 しかし色々な方と議論するとその様なイメージで考えられているのです。
仕事どころか、社会人としてのマナーから教えなければならない人の賃金額が
最低賃金額なのです。
ここが誤解されている点なのです。

2.月給制最低賃金
 最低賃金額は時給で定められています。
月給制はどの様に最低賃金額を計算すればいいのでしょうか。

「年平均月間所定労働時間」で計算します。

これは年間の所定労働時間の合計を12で割ったものです。
所定労働時間とは残業時間や休日労働ではない基本給とか諸手当が労働の対償
としている時間になります。
年間休日数が110日で一日の所定労働時間が8時間の会社があったとしまし
ょう。
(365日─110日)×8時間=255日×8時間=2,040時間
これが年間の所定労働時間の合計になります。
これを一年の暦月であります12か月で割ると
2,040時間÷12か月=170時間
この様になります。
これが最低賃金額を計算する際の「年平均月間所定労働時間」となります。
東京都の最低賃金額は1013円ですから1,013円×170時間=172,210円
これが月給制最低賃金額になります。
年間の休日数が変わっていたり、一日の所定労働時間が変わっていたりすると
その数字を上記計算式に入れて行います。
例えば年間休日数が120日の会社は1,960時間となり165,457円
となります。
年間休日数が多い会社ほど月給制では最低賃金額が少なくなります。
また、この年平均月間所定労働時間残業計算に使います。

3.残業時間の上限との混同
しかしよく誤解されているのは所定労働時間の上限との混同であります。
あくまでこの数字は最低賃金額の計算と残業手当の単価にしか使いません。
月の残業の上限は別の数字になります。
週休2日の会社であればその月の曜日の関係で変わってくるでしょうし、一か
月単位の変形労働時間制であれば31日、30日、28日という月の暦日数
変わってきます。
残業時間の上限は月によって変わり、この「年平均月間所定労働時間」とは関
連がありません。
ここが注意点です。

4.まとめ
最低賃金額の上昇により企業の収益が圧迫されていることは事実です。
しかし正しい計算をしなければ最低賃金法違反となり、またそれによって求め
られる残業手当の額も低くなり労働基準法第37条違反となります。
退職した労働者からの請求という事も増えています。
正しい計算をご理解いただいたうえで対策を立てていただきたいと思います。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,823コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP