スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

上司と部下の就業規則講座~労働時間トラブル~自宅持帰り仕事②

自宅持ち帰り仕事ををめぐる問題は次の2つに整理して考えます。

①自発的残業はどこまで認められるか?
②自宅持ち帰り仕事の時間は労働時間となるか?

残業は上司の命令によって行うのが原則です。
就業規則の記載も、「時間外、休日労働を命じることがある」という記載になっているのが一般的です。

しかし、現実は必ずしもそうではありません。部下が自分の判断で残業をし、上司がそれを事前または事後に承認するというやり方が多く見られます。

続きはこちらです。お越しください。

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルホームページ◆
http://www.hrm-solution.jp/posts/post162.html

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,692コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP