• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

役員退職慰労引当金を考える

━━━━ 2020/10/12(第884号)━━━

■実践!社長の財務

 東京メトロポリタン税理士法人
  税理士 北岡修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役員退職慰労引当金を考える』


●中小企業、特にオーナー系の企業にとって最大の債務
とは何でしょうか?

それは、創業オーナーの退職金です。

もちろん、もっと多額の借入金を借りている場合もある
でしょうが、普段あまり意識していないので、計算して
みるとインパクトは思った以上に大きくなることが多い
です。


役員退職金については、役員退職慰労金規定などがあ
ある場合は、本来は負債の部に計上する必要があります。

ただ、中小企業では計上していないことが多いですね。

規定がない場合も多いですし、規定があっても、損金
なるわけではないので、計上していない、ということも
あるかと思います。

また、あまり表に出したくない、というのもあるのかも
知れません。


●会社は、創業オーナーが退職しても、継続していくこ
とが前提です。

少しずつでも会社を成長発展させようと思い、社員を雇
って経営をしている社長であれば、自分の後も継続して
いくことを前提に、経営をしている方がほとんどでしょう。

そうであれば、役員退職金についても真剣に考えておく
必要があります。


●やはり一番多いのは、生命保険で退職金を準備してい
るケースです。
逓増定期保険などで、1/2損金、1/2は保険積立金として
資産の部に計上しているような場合です。

この場合は、1/2の部分は損金になっており、簿外に積み
立てていることになります。

この場合であっても、資産に積み立てている保険積立金
は、いずれは役員退職金として出ていきますので、その
見合いとして役員退職慰労引当金に積み立てておくべき
です。


●現在のB/Sを見て、自己資本比率がそれなりに高いと
思っていても、実は役員退職慰労金を計上すると、それ
程高くない、というようなことが多いかも知れません。

そうなると、経営判断も見誤ってしまう可能性がありま
すね。

そうならないよう、将来確実に見込まれるものは、引当
金をしっかり積んで、厳しく見ておいた方がよいと思い
ますが、いかがでしょうか?


━━━【セカンドオピニオン!】━━━

■税務、経営、事業承継、自社株対策等のセカンドオピニオン等を
ご希望の方、下記サイトにて、ご案内しています。

税理士セカンドオピニオン
現在の顧問税理士以外に、専門家の意見を聞いてみたいとお考えの
経営者・オーナー様必見!
 ⇒ https://www.tm-tax.com/2ndopinion/

━━━━━━【入会無料!】━━━━━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』
 http://www.tm-tax.com/souzoku/

相続の「かかりつけ医」として、いつでもご相談をお受けします。
 その他、無料診断、情報提供、定期セミナーなど開催しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━【相続税対策メルマガ】━━━━
相続相続税対策に関心のある方は、下記メルマガも是非、
お読みください。

【併せて読みたい「実践!相続税対策」】
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献
する。
◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中
小企業が、「強い会社」「儲かる会社」になるために、財務・会計
を中心に誠心誠意支援していく。

※是非、当社のHPもご覧ください。
http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など
→  kitaoka@tmcg.co.jp 
 お気軽にメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】東京メトロポリタン税理士法人
    http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一
    kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1
    新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991
【FAX 】03-3345-8992
──────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )
ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  

先週末は台風も近づき、ちょっと寒かったですね。気が付いて
みればもう10月も中盤に差し掛かっていますので、今年もあと
2カ月半というところ。コロナに翻弄されあっという間に時が過
ぎていった感じです。まだまだ感染者は収まっていませんが、
最大の注意を払いつつも、最近はコロナの意識が占める割合は
少しずつ下がってきた感じがしますね。

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,543コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP