• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

尖がった個性が仕事力の要件になります!

【仕事力の要件】

仕事力の高い人は、商品開発部門なら「非常識な人」、営業部門なら「猛者」ではないかと思う。

常識人は無難な商品しか開発しないし、勇敢さのない人は客先で断られればスゴスゴと帰ってきてしまう。

==============================

【本文】

■尖がった個性が仕事力の要件になります!■

テレビの人気番組に「仕事人シリーズ」があった。

仕事人のメンバーはいずれも固有の必殺技を持っているからチームは多様性に長けている。

悪の限りを尽くした連中を見事仕留めてハッピーエンドとなる。

あらすじは分かっているのについ引き込まれてしまう。

昭和の時代は、ビジネスマンは金太郎飴的社員が重宝されたものだった。

個性が強すぎる社員は管理職がコントロールしきれず、苦労する。

組織を乱すような社員は悪い査定を食らい、冷や飯を食わされたのだ。

時代が変わり、平成の時代になると「多様性豊かな社員」が重宝がられるようになった。

非常識と思える社員に開発を任せた商品がヒットし、断られてもお客様のニーズを掴んで提案営業する猛者的営業マンが成果に貢献する時代になったのだ。

つまり、尖がった個性が仕事力の大きな要素を占めるのである。

        =コンピテンシー宣教師=

*************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

*************************************************************************

メールマガジン「仕事のできる人の集団作り戦略」好評配信中!登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/backnumber_59181/

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.racten.co.jp/saiaiconsul//
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,438コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP