• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和4年度選択式試験について

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
■□
■□   2022.9.3
■□     K-Net 社労士受験ゼミ   
■□               合格ナビゲーション No979
■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐──────────────────────────────────
└■ 本日のメニュー
────────────────────────────────────

1 はじめに

2 正答予想

3 K-Net社労士受験ゼミからのお知らせ

4 令和4年度選択式試験について

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐──────────────────────────────────
└■ 1 はじめに
────────────────────────────────────

令和4年度社会保険労務士試験を受験された方、
お疲れさまでした。

試験、いかがでしたでしょうか?

試験までの勉強で身に付けた力を、
しっかりと発揮できた方もいるでしょうが、
思うように発揮できなかったという方もいるでしょう。

ただ、
実力が発揮できたかどうかは、必ずしも結果に直結するものではありません。

身に付けた力を思うように発揮することができなくても、
得点を重ねることができたという方はいるでしょう。

いずれにしても、試験は終わりました。
とりあえず、結果は置いておいて、少しのんびりと
というのもありです。

ここまで必死に勉強してきたことでしょうから、
ちょっと立ち止まって、先を考えるというのも、大切です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐──────────────────────────────────
└■ 2 正答予想
────────────────────────────────────

令和4年度試験の解答速報は、すでにどこかでご覧になっているかと思いますが、
「K-Net 社労士受験ゼミ」の独自見解に基づく正答予想は、下記に掲載しています。

【 選択式 】
https://blog.goo.ne.jp/sr-knet/e/9e926146e0ee346594a174b7347139f2

【 択一式 】
https://blog.goo.ne.jp/sr-knet/e/e3f9d6fc4a1feb923056bd5d6e076b88

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐──────────────────────────────────
└■ 3 K-Net社労士受験ゼミからのお知らせ
────────────────────────────────────

K-Net社労士受験ゼミからのお知らせです。

K-Net社労士受験ゼミ2023年度試験向け会員の申込みの受付を
開始しております。

■ 会員の方に限りご利用いただける資料は
  http://www.sr-knet.com/2023member.html
  に掲載しています。

 ★「改正情報」のサンプル↓
   http://sr-knet.com/2019-10syaiti.pdf

 ★「一問一答問題集」のサンプル↓
   http://www.sr-knet.com/2018-sample1.1.pdf

★「出るデル過去問」は、
 このメルマガ「K-Net社労士受験ゼミ 合格ナビゲーション」に掲載した
 過去問データベース(17年分)を再編集したものです。
 サンプル↓
 http://sr-knet.com/deruderu.sample2020.pdf


■ 会員資格の種類や会費、その他ご利用に関することは
  http://www.sr-knet.com/member2023explanation.html
  をご覧ください。

■ お問合せは↓
  https://otoiawase.jp/do/public/form/sr-knet/1

■ お申込みは↓
  https://otoiawase.jp/do/public/form/sr-knet/2


それと、K-Net社労士受験ゼミ「オリジナル教材」について、
2023年度向け教材は10月以降順次販売を開始します。
https://srknet.official.ec/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐──────────────────────────────────
└■ 4 令和4年度選択式試験について
────────────────────────────────────

令和4年度試験が終わり、
受験された方のうち多くの方は、すでに自己採点をしているかと思います。

正式な基準点は、合格発表まで明らかにはなりませんが、
絶対に大丈夫だという結果だった方、いるでしょう。
逆に、残念という方もいるでしょう。
で、どちらでもなく、
基準点がわからないと、どうなるか微妙な状況という方、
かなり多いのではないでしょうか。

そこで、令和4年度選択式試験について、
難しい空欄もありましたが、容易に正しい選択肢を選ぶことができるものが
いくつもありました。
そのため、トータルとして見ると、それなりに得点をすることができる内容
といえます。
ただ、知識に正確性を欠いていると、正しい選択肢を選びきれないということが
ありそうな問題もあり、そのようなものを正解できず、得点が伸びなかったという
こともありそうです。

合格基準点は毎年度補正されていて、
前年度の平均点との差を少数点第1位まで算出し、それを四捨五入し換算した
点数に応じて前年度の基準点を上げ下げします。
例えば、差が「-1.4点」なら1点下げ 「+1.6点」なら2点上げ 
となります。

ただ、科目別の基準点の引下げがあったりなどすると、
必ずしも平均点の上下だけではありません。

では、令和4年度の基準点について、平均点で考えた場合、
問題の質からすれば前年度(24点)と同程度24~25点と予想できますが、
どうも受験者の得点状況が良いようなので、それを上回り、
26点となるのではないでしょうか。

科目別にみた場合、
労働基準法」は、最近の傾向どおり、判例の問題(BとC)がありました。
Bは文脈と選択肢から正しい選択肢を選ぶことはできなくはないレベルです。
Cは長い語句が空欄となっていてましたが、こちらも文脈と選択肢から
極端に難しいというものではありませんでした。
Aは解雇予告に関する事例ですが、択一式で過去に何度も出題された論点
なので、確実に正しい選択肢を選ばなければならない空欄といえます。
労働安全衛生法」は、DとEのいずれも基本的な内容で、正解率は高いよう
です。
科目別の基準点の引下げについては、まずないでしょう。

労災保険法」のAとBは、加重と併合繰上げを組み合わせた問題で、考え方
がわかっていれば、それほど難しくはなく、正解することができたでしょう。
CからEは判例です。ただ、択一式で出題されたことがあるもので、また、
中小事業主の特別加入の考え方がわかっていれば、正しい選択肢を選ぶこと
ができた空欄もあったでしょう。
ということで、基準点の確保は容易なので、引下げの可能性はかなり低い
といえます。

雇用保険法」は、4つの空欄が過去の傾向どおり数字を含むものでした。
そのうち、AからCは「算賃金日額」と「基本手当日額」の規定からの出題
でした。法律の条文に沿った内容ではなかったですが、基本的な知識で答えを
導き出せるものでした。
Cは、問題文にある3つの金額のうち、どれが賃金日額となるのか、
その上で計算に用いる乗率が100分の80を用いるということがわかっていれば、
計算するだけでしたが、この過程で間違えをしてしまったという受験者がいた
ようです。そのため、正解率はそれほど高くありません。
それと、計算で時間を使ってしまったということがありそうです。
問題文2は、教育訓練給付金の問題で、Eは基本的なことなので、確実に正解
したいところです。
Dは、支給要件期間を事例として出題していて、支給要件期間の算定方法を
理解していないと正しい選択肢を選べませんでした。
そのため、間違えた受験者がかなりいるようです。
これらの状況から、3点を確保することは難しくはありませんが、
CからEの得点状況にによっては、基準点の引下げの可能性があります。

労務管理その他の労働に関する一般常識」は、AとBは「障害者雇用」に
関する基本的な問題です。Cも「障害者雇用」に関する問題ですが、答えの
「ジョブコーチ」は知らないという受験者が多かったようで、正解率が低い
です。
DとEは、判例からの出題で、この判例は、有期労働契約の期間満了後も雇用
関係が継続されるものと期待することに合理性が認められる場合には,解雇
に関する法理が類推されるものと解せられると判示したものであって、労働
契約法19条2号(有期労働契約の更新等)は、この判決の要件を規定した
ものです。そのため、「有期労働契約の更新等」の規定を理解していれば、
正しい選択肢を選ぶことができたでしょう。
これらの出題状況から、基準点が下がる可能性、かなり低いです。

今回は、ここまでです。続きは次号で。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■┐
└■ このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  を利用して発行しています。

■┐
└■ メルマガ「合格ナビゲーション」の登録や解除は自由に行うことができます。
  配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000148709.htm

■┐
└■ お問い合わせは↓こちらから
  https://otoiawase.jp/do/public/form/sr-knet/1/
  なお、K-Net 社労士受験ゼミの会員以外の方からの掲載内容に関する質問は、
  有料となりますので、ご了承ください。

■┐
└■ 無断転載・転写・コピー等は禁じます。

■┐
└■ 免責事項
  このメールマガジンに掲載されている記事の参照による、あらゆる障害・損害
  ・不利益に関しましては、当方においては一切その責任を負いかねます。
  また、損害賠償の義務はないものとします。ご理解のうえお読みください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

発行:K-Net 社労士受験ゼミ
              加藤 光大
まぐまぐID:0000148709
Home Page:http://www.sr-knet.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,799コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP