• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

製造業のWebマーケティング施策とは?月3万PV超えのサイト

インターネットの普及により、人々は商品やサービスの情報を収集する際にインターネットを利用するようになりました。そのため、製造業においてもWebマーケティング施策の重要性が高まっています。



しかし、製造業ではWebマーケティング施策を導入している企業はまだ多くありません。製造業でWebマーケティングを導入している企業が少ない理由は、Webマーケティングに関する知識や経験が不足しているからや、コストや手間の負担を懸念しているからです。



「Webマーケティング施策を行いたいけど、何からすればいいか分からない…」と困っている製造業者に向けて、月3万PV超えのサイトを運営している弊社が、Webマーケティングを導入すべき理由と行うべきWebマーケティング施策をご紹介します。

製造業でWebマーケティングが重要な理由

製造業でWebマーケティングに力を入れるのが重要な理由は以下の3つです。

競争力の向上
国際市場への販売力強化
販売チャネルの拡大
順番に解説します。

競争力の向上
1つ目は、競争力の向上ができるからです。



Webマーケティングを活用することで、競合他社との差別化を図ることができます。特に製造業は、Webマーケティング施策を実施している事業者が少ない印象なので、非常に大きな差別化ポイントになるでしょう。



例えば、自社製品の特徴やメリットをわかりやすく伝えるWebサイトを制作したり、SNSで自社製品の活用事例を紹介したりすることで、潜在顧客に自社製品の魅力を伝えることができます。

国際市場への販売力強化
2つ目は、国際市場への販売力強化ができるからです。



昨今の円安の影響で、海外の事業者は割安で日本の製品を購入できる状況です。この円安の機会を活かすことができれば、海外へ自社製品を売り出すことができ、売上が増加するでしょう。



海外へ自社製品を売り込むためには、英語での情報発信が欠かせません。WebサイトやSNSを英語で制作したり、英語の広告を打ったりするなど、海外顧客にアプローチするための施策を検討しましょう。

販売チャネルの拡大
3つ目は、販売チャネルの拡大ができるからです。



自社のWebサイトにECサイトを紐づけ、記事で集客することでネット上での自社製品の販売が可能になります。



また、Webマーケティングを利用すれば自社のターゲット層に的を絞って広告を打つこともできるので、より効率的に顧客にリーチすることができます。

製造業でWebマーケティングを実施する上での課題

製造業でWebマーケティングを実施するうえでの課題は以下の2つです。

Webマーケティングまで手が回らない
Webマーケティングの知識が豊富な人材が少ない
それぞれを詳しく解説していきます。

Webマーケティングまで手が回らない
1つ目の課題は、Webマーケティングまで手が回らないことです。



製造業は、繁忙期と閑散期の波が大きい業界です。繁忙期には、工場での生産や受注対応に追われ、Webマーケティングに手が回りません。



また、閑散期には工場のメンテナンスやトラブル対策などをするため、Webマーケティングに割ける時間は限られます。



製造業は1年を通してやるべきことが多いため、製造業者はWebマーケティングに手を回せない傾向にあります。

Webマーケティングの知識が豊富な人材が少ない
2つ目の課題は、Webマーケティングの知識が豊富な人材が少ないことです。



Web系の知識が豊富な人は就職の時点でWeb業界に進んでしまうため、他の業界にはWeb系の知識が豊富な人はあまり多くありません。



Webマーケティングの知識が豊富な人材がいないことで以下の課題が生じます。

Webサイトの制作や運用が難しい
多くの人に見られるための施策が分からない
SNSで効果的な情報発信ができない


現在はWebマーケティング施策が非常に重要なので、Webマーケティングの知識が豊富な人材の確保は急務です。

製造業者がやるべきWebマーケティング手法

製造業者がやるべきWebマーケティングの手法は次の4つです。

SEO対策
ホームページの英文化
コンテンツ作成
SNS運用
それぞれを詳しく解説していきます。

SEO対策
1つ目はSEO対策です。

SEO施策とは、Googleの検索結果で自社のサイトを上位に表示させる施策です。



適切なSEO対策をすることで、自社のサイトをより多くの人に見つけてもらい、問い合わせや売上アップにつなげることができます。



製造業では専門的な用語や技術に関する検索が多いため、自社の強みや特徴をわかりやすく伝えるコンテンツを作成することで、検索上位を狙いやすくなります。

ホームページの英文化
2つ目はホームページの英文化です。



昨今の円安の影響で、海外への販路拡大が注目されています。自社の製品やサービスを海外に販売するためには、ホームページを英語で作成する必要があります。



英語で作成されたホームページがあれば、海外のユーザーからの問い合わせや注文を獲得しやすくなります。

コンテンツ作成
3つ目はコンテンツ作成です。



自社の製品やサービスの魅力をわかりやすく伝えるコンテンツを作成しましょう。ブログやSNS、YouTubeなど、さまざまな媒体でコンテンツを配信することで、潜在顧客の獲得につながります。



コンテンツ作成の際にはターゲットとなるユーザーのニーズを把握し、興味を引くようなコンテンツを作成することが重要です。

SNS運用
4つ目はSNS運用です。



株式会社ICT総研が2022年に発表した調査結果によると、日本のSNS利用者は8,270万人で人口の82%が利用しているようです。



日本人口の8割以上に情報を届けられるため、SNS運用は効果的なWebマーケティング施策として注目されています。SNSを活用することで商品やサービスの認知拡大や、顧客とのコミュニケーションを図ることができます。



SNS運用を行う際には自社の製品やサービスに関連する情報を発信し、ユーザーの興味を引くようなコンテンツを作成することが重要です。

製造業でWebマーケティングを行った3つの事例

製造業でWebマーケティングを行った3つの事例を紹介します。

三菱電機株式会社「FA羅針盤」
アピ株式会社「業界先駆けのWebマーケ施策」
株式会社シマテック「Webサイト改善で売上1.7倍」
それぞれを詳しく解説していきます。

三菱電機株式会社「FA羅針盤」
三菱電機株式会社は、FA(ファクトリーオートメーション)に関する情報発信をするオウンドメディア「FA羅針盤」を運営しています。



FAとは、IT技術を活用して工場の自動化を実現する技術です。



三菱電機はFA羅針盤でFAに関する最新情報や、ノウハウを公開することで潜在顧客のニーズを把握し、自社の製品やサービスの魅力を訴求しています。



また、一部の記事は会員登録制とすることで見込み客獲得にもつなげています。



アピ株式会社「業界先駆けのWebマーケ施策」
アピ株式会社は健康食品・サプリメントの受託製造事業を展開しています。



アピ株式会社はWebマーケティングを業界に先駆けて導入し、3ヶ月で80件のお問い合わせを獲得しました。



健康食品・サプリメントの受託製造業界では、Webマーケティングの導入が遅れているため、Webサイト経由での顧客獲得は大きなチャンスでした。



アピ株式会社は、Webサイトのデザインやコンテンツを改善することで業界先駆けのWebマーケティング導入企業となったのです。



株式会社シマテック「Webサイト改善で売上1.7倍」
株式会社シマテックは大阪で45年続く町工場で、生産ラインに使用される自動運搬装置「パーツフィーダ」を製造しています。



シマテックはWebサイトやブログ経由で問い合わせがあったものの、なかなか受注に結び付かない状態でした。



受注につながらない要因を分析し、Webコンテンツを改善することでお問い合わせ数を3.1倍、売上を1.7倍増加させることに成功したのです。



具体的に行ったこととして、YouTubeで自社の強みである技術力の高さを一般の人たちに分かりやすく発信したことがあげられます。

製造業のWebマーケティングで役に立つツール3選
製造業のWebマーケティングで役に立つツールは次の3つです。

Similar Web
Google Analytics
Dot B
それぞれの特徴を簡単に解説します。

Similar Web
1つ目は「Similar Web」というサイトです。「Similar Web」はWebサイト分析、特に競合サイトの分析をするうえで欠かせないツールの1つとなっています。



使い方は非常に簡単で分析したいサイトのURLを入れるだけです。



アクセス数などのデータは近似値なので正確なデータではありませんが、おおよその数値を把握することができます。



Similar Webを利用することで得られるデータは以下のとおりです。

平均滞在時間
サイト訪問者数
サイト流入の内訳
サイト訪問者のタイプ


これらのデータを分析することで自社に興味をもっている層が分かったり、読者が知りたい内容の記事を書けたりします。



読者が知りたい情報を発信できれば、自社の信頼性が高まり、新規顧客の獲得につながる可能性があります。

Google Analytics
2つ目は「Google Analytics」です。



Google AnalyticsとはGoogleが提供している無料のアクセス解説ツールです。



Google Analiticsを導入することで「自社のどのページが最も見られているか」や「どういった層が自社のサイトに訪れているか」を確かめることができます。



サイト運営をしている人はみんなGoogle Analiticsを導入しているといっても過言ではないほど浸透しているサービスです。

Dot B
3つ目は「Dot B」です。



Dot Bとは「海外営業のDX」を実現するツールです。新規顧客獲得からセールスまで一括して行うことができます。



Dot Bに自社製品のカタログをアップロードするだけで、海外顧客にデジタル広告が配信され、認知度アップと問い合わせの獲得につながります。



海外市場を視野に入れて事業を推進したい事業者には非常にオススメのツールです。

まとめ
この記事では、製造業がWebマーケティング施策を行うべき理由と行うべきWebマーケティング施策、実際にWebマーケティング施策を行っている企業を紹介しました。



この記事のポイントを整理すると以下のようになります。

製造業者は「競争力の向上」「国際市場への販売力強化」「販売チャネルの拡大」のためにWebマーケティング施策を行うべき。
行うべきWebマーケティング施策は「SEO対策」「ホームページの英文化」「コンテンツ作成」「SNS運用」。
上手くWebマーケティング施策を行うことができれば、売上をUPさせたり、新規顧客の獲得ができたりする。
製造業のWebマーケティングで役立つツールは「Similar Web」「Google Analytics」「Dot B」の3つ。


これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
また是非SEO対策のされたページもご覧ください
https://mitsudenshi.co.jp/
最後までご覧いただきありがとうございました。

絞り込み検索!

現在22,480コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP