スポンサーリンク

相談の広場

企業法務

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今、おすすめのキーワード: 軽減税率制度 健康経営 高プロ 副業 事業承継税制

「塾長」を委任するにあたっての書面

著者 butapig800 さん

最終更新日:2019年09月12日 17:25

当団体の事業の一つとして、職人を育成する塾を行っております。

当該塾に、外部の方を塾長としてお迎えしようと考えておりますが、
その際にどのような内容の書面を取り交わすべきか悩んでおります。

実際の業務としては、必要な会議への出席と助言等を予定しており、
報酬として謝金と交通費をお支払いする予定です。

上記の場合、委嘱契約書のように、業務内容や謝金等の規定を盛り込んだ
もので取り交わすべきでしょうか。
それとも、取締役就任承諾書のように、「塾長に就任することを承諾する」
旨の簡潔な書面でも十分でしょうか。

ご教示ください。

スポンサーリンク

Re: 「塾長」を委任するにあたっての書面

著者安芸ノ国さん

2019年09月12日 17:52

お疲れさんです。

なかなかむつかしい問題ですね。

農村塾ともなれば、農業に携わる人、それらの団体、あるいは企業関係者など多種多様にわたると思います。
いま、この地などにも山間部地域、瀬戸内などの離島などにも、古くからの農業に携わる人は多くありましたが、この最近、高齢化社会それと少子化などで、離党する方なども多く、その地の畑作地,かんきつ畑などもあれるような状況となってます。
なかには、それら関係者が一同に会し、一つの団体を作り上げて農産業の振興策を取るなどしています。
この地近くの離島なんですが、やはり農作物、簡潔類等の活性化を図ることを目的とした一つの団体団体があります。
矢張りそういった方々と一度は話し合いの席など儲けることも必要でしょう。
なかには、振興を図ることを目標として自身の畑作などもかけて付かれるかたもいるようです。


NPO法人豊かな食の島岩城農村塾
小さな離島の取り組み
~農家が農家を創り、豊かなむらを創る~

http://www.maff.go.jp/chushi/kyoku/muradukuri/pdf/160331npoiwagi.pdf#search='%E8%BE%B2%E6%9D%91%E5%A1%BE+%E5%A4%96%E9%83%A8%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%87%BA%E8%BF%8E%E3%81%88'

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    PAGE TOP