相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業法務

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

監査役監査に対象として 計算書類、事業報告

著者 砂浜の監視員 さん

最終更新日:2020年03月28日 00:39

監査役設置会社で、ふつう、計算書類(及びその附属明細書)と事業報告(及びその附属明細書)を、監査役は監査して監査報告を出すことになっている、と思います。

ところで、定款で、監査役監査の範囲を会計監査に限ると定めることができると聞きます。このような定款の定めを置いた場合のことでお尋ねします。

計算書類(及びその附属明細書)の監査は、監査役の責務であり、監査報告は出さないといけないと思います。

②事業報告(及びその附属明細書)の監査は、監査役が行うべきなのでしょうか?
会社法条文でこのあたりに触れていたりするでしょうか?
(もしも、監査役が監査しなくてよいとなると、誰も監査しない、ということになると感じますが、それでよいのかな、と立法論的に思ったりしましたが、、、定款に書くということは株主は納得しているから差し支えないのかも、と思ったりしました)

スポンサーリンク

Re: 監査役監査に対象として 計算書類、事業報告

著者おわり和やかさん

2020年03月28日 12:12

ググるとこの板の過去スレッドがヒットします。5年前のものです。条数を引用してますので、法令改正がないかチェックのうえ、ご利用ください。ほかにも案内サイトはありますので、あわせて参照ください。

https://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-196464/

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP