相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

前期に計上した未払法人税額の訂正方法

著者 みるみるのびる さん

最終更新日:2020年04月19日 21:33

前期の決算整理仕訳で記帳した、確定した法人税額の法住事/未払法人税等の金額を誤っていました。納付の際にも差額に気付かず、今期の決算時期をむかえた今、気づきました。間違いは、実際の確定額を出すために、一度目に算出した税金を確定額と記帳しており、確定額より大きい金額になっています。今期で誤りを訂正するには、誤って記帳した金額をマイナスで法住事/未払法人税額等として、正しい金額を法住事/未払法人税額等で、今期の決算整理仕訳として記帳するので、良いのでしょうか?税法にあまり詳しくなく、会計システムがあって機械的に数字を入力しているだけなので、この訂正だけで良いのかわからないです。聞ける人が周りにいません。訂正後、別表などにどのように影響があるのかもわからないため、質問しました。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 前期に計上した未払法人税額の訂正方法

著者tonさん

2020年04月20日 02:36

> 前期の決算整理仕訳で記帳した、確定した法人税額の法住事/未払法人税等の金額を誤っていました。納付の際にも差額に気付かず、今期の決算時期をむかえた今、気づきました。間違いは、実際の確定額を出すために、一度目に算出した税金を確定額と記帳しており、確定額より大きい金額になっています。今期で誤りを訂正するには、誤って記帳した金額をマイナスで法住事/未払法人税額等として、正しい金額を法住事/未払法人税額等で、今期の決算整理仕訳として記帳するので、良いのでしょうか?税法にあまり詳しくなく、会計システムがあって機械的に数字を入力しているだけなので、この訂正だけで良いのかわからないです。聞ける人が周りにいません。訂正後、別表などにどのように影響があるのかもわからないため、質問しました。よろしくお願いします。
>


こんばんは。私見ですが…
多く計上したのであればまだ残高があるということですよね。
今期確定分との差額計上は難しいでしょうか。
あえてマイナス処理をせずとも結果だけ見ると差額計上も同じになります。
別表は税引き後利益や差額で処理しますので特段大きな影響はないのではないかと思われます。
後はご判断ください。
とりあえず。

Re: 前期に計上した未払法人税額の訂正方法

著者みるみるのびるさん

2020年04月20日 23:40

ご回答いただきありがとうございます。自分でもいろいろと調べてみて、前期の決算整理仕訳で、確定額でない法住事/法人税等を記帳していても、別表4で納税充当金を加算するため、税額計算には影響していないこと、やっと理解できたところです。

はい。実際の納付額より多く計上したため、まだ残高があります。

教えていただいた通り、残高は、今期の確定額と、差額計上で調整したいと思います。大変助かりました。ありがとうございました。



1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP