相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業法務

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

外国籍の人との業務委託契約について

著者 ニャンコロ さん

最終更新日:2021年10月19日 22:04

いつも参考にさせていただいております。

労務のほうに投稿したのですが、法務のほうがすべきこと明確になるのではないかと、ほぼ同内容での投稿となり、申し訳ございません。

直接雇用している外国籍の人については、会社は在留カードを確認し、期間が終了する前に更新を忘れないよう声掛けをするようにしています。

業務委託契約を締結している個人の外国籍の人については、そこまで必要ないと考えていたのですが、会社として確認すべき義務はどこまであるのでしょうか。

業務委託する内容は、1度も出社する必要はなく、在宅で行い、もちろん忙しければ断られることがあるようなものです。

在留資格により、週の稼働時間が制限されることがあると思います。
業務委託では時間の管理は行えないので、会社はどこまで踏み込むべきか悩みます。
会社が管理すべき事項をご教示願います。

スポンサーリンク

Re: 外国籍の人との業務委託契約について

こんにちは。

Hp上にご専門家、行政書士の方解説されてますが、お読みになられましたか・
やはり、実情を詳しくお話しなり、今後の対策などご提案いただくことが賢明でしょう。
今は、まだ外人の入国は難しいかもしれませんが、今後の対策として。

Copyright © 2018 行政書士法人jinjer All Rights Reserved.
執筆者:行政書士:竹澤駿氏

ビザサプリジャーナル TOP>外国人と「業務委託契約」を結ぶ場合のビザは?
https://kigyosapri.com/visa/note/9618/

Re: 外国籍の人との業務委託契約について

著者ニャンコロさん

2021年11月10日 21:26

安芸ノ国 様

ご回答ありがとうございます。

業務内容は、日本でも海外でもできる仕事ですので、会社として入国の手続きを行う予定はありません。
今回のように日本に滞在していることで確認手続きが増えるならば、自国にいてもらうほうが良いのかと考えてしまいます。

会社として、もちろん不法就労はさせたくありません。

知り合いに聞いてみても、業務委託契約在留資格を確認されたことはないということです。

実態をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけないでしょうか。

Re: 外国籍の人との業務委託契約について

著者村の長老さん

2021年11月12日 23:29

いうまでもなく雇用契約業務委託請負契約とは全く異なります。

まずは入管にその人の契約種別、更にはどのような契約をするかによりどのようなビザが必要なのか確認しましょう。この基本的なことを間違うと、即座に入管に収容、強制送還もあり得ます。当然にそれにかかわった人にも類が及びます。

Re: 外国籍の人との業務委託契約について

著者ニャンコロさん

2021年11月15日 12:50

村の長老様

ご回答ありがとうございます。
はい、すでに入管にどの種類のビザが必要か確認しております。
もちろん会社としては間違ったことは行いたくないと思いますが、もし強制送還となっても極論ですが、自国で業務を行うことが可能なのです。

具体的に運用されている会社がございましたら、どのような運用をされているかお知らせいただけると助かります。

1~5
(5件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP