相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

前受金がある場合の領収書の消費税の書き方&印紙税額の判定

著者 トリオ さん

最終更新日:2022年11月10日 12:53

総額が税込330万円で、100万円を前受金としていただき、残額230万円を後日受け取る契約をしたとします。

100万円を受け取ったときは、

    100万円受領しました(※但し、◯◯の契約前金として)

上記のような旨の領収書を発行し、200円の印紙を貼ろうと思っています。

230万円を受け取ったときは、

    230万円受領しました(※但し、◯◯の契約精算金として。消費税額等30万円含む)

上記のような旨の領収書を発行しようと思いますが、そもそもここで消費税額等30万円含むと書いてしまっていいのでしょうか?
また、この場合の印紙は、消費税額等が明確に区分されているので200万円と判断し400円の印紙を貼ればいいのでしょうか。


そもそも前受金の時に消費税のことも書くべきなのか、いや、でもその段階では課税仕入にはならないし・・・と考えてたら分からなくなってきました。
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

Re: 前受金がある場合の領収書の消費税の書き方&印紙税額の判定

著者tonさん

2022年11月10日 18:11

> 総額が税込330万円で、100万円を前受金としていただき、残額230万円を後日受け取る契約をしたとします。
>
> 100万円を受け取ったときは、
>
>     100万円受領しました(※但し、◯◯の契約前金として)
>
> 上記のような旨の領収書を発行し、200円の印紙を貼ろうと思っています。
>
> 230万円を受け取ったときは、
>
>     230万円受領しました(※但し、◯◯の契約精算金として。消費税額等30万円含む)
>
> 上記のような旨の領収書を発行しようと思いますが、そもそもここで消費税額等30万円含むと書いてしまっていいのでしょうか?
> また、この場合の印紙は、消費税額等が明確に区分されているので200万円と判断し400円の印紙を貼ればいいのでしょうか。
>
>
> そもそも前受金の時に消費税のことも書くべきなのか、いや、でもその段階では課税仕入にはならないし・・・と考えてたら分からなくなってきました。
> よろしくお願いいたします。


こんばんは。私見ですが…
前受ですから課税仕入ではなく課税売上では…?
前受金領収証については国税庁に案内があります。

https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/inshi/19/30.htm

こちらの判断では紐づけですから100万も残金も印紙対象文書になろうかと考えます。
仕訳と領収証は別と考えるといいと思います。
資金は100万を受取った時と230万と分けての領収でいいでしょう。
消費税については内書きを総額で記載しその内230万受取と記載されると消費税30万の記載が出来ます。
総額330万
前受100万
残金230万
消費税30万
の記載があれば問題ないでしょう。
経理仕訳は売掛金/売上330万で処理し前受金売掛金に振替処理をされるか
直接売掛金処理でいいと思います。
後はご判断ください。
とりあえず。

Re: 前受金がある場合の領収書の消費税の書き方&印紙税額の判定

著者トリオさん

2022年11月11日 12:48

> > 総額が税込330万円で、100万円を前受金としていただき、残額230万円を後日受け取る契約をしたとします。
> >
> > 100万円を受け取ったときは、
> >
> >     100万円受領しました(※但し、◯◯の契約前金として)
> >
> > 上記のような旨の領収書を発行し、200円の印紙を貼ろうと思っています。
> >
> > 230万円を受け取ったときは、
> >
> >     230万円受領しました(※但し、◯◯の契約精算金として。消費税額等30万円含む)
> >
> > 上記のような旨の領収書を発行しようと思いますが、そもそもここで消費税額等30万円含むと書いてしまっていいのでしょうか?
> > また、この場合の印紙は、消費税額等が明確に区分されているので200万円と判断し400円の印紙を貼ればいいのでしょうか。
> >
> >
> > そもそも前受金の時に消費税のことも書くべきなのか、いや、でもその段階では課税仕入にはならないし・・・と考えてたら分からなくなってきました。
> > よろしくお願いいたします。
>
>
> こんばんは。私見ですが…
> 前受ですから課税仕入ではなく課税売上では…?
> 前受金領収証については国税庁に案内があります。
>
> https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/inshi/19/30.htm
>
> こちらの判断では紐づけですから100万も残金も印紙対象文書になろうかと考えます。
> 仕訳と領収証は別と考えるといいと思います。
> 資金は100万を受取った時と230万と分けての領収でいいでしょう。
> 消費税については内書きを総額で記載しその内230万受取と記載されると消費税30万の記載が出来ます。
> 総額330万
> 前受100万
> 残金230万
> 消費税30万
> の記載があれば問題ないでしょう。
> 経理仕訳は売掛金/売上330万で処理し前受金売掛金に振替処理をされるか
> 直接売掛金処理でいいと思います。
> 後はご判断ください。
> とりあえず。
>

課税仕入は、課税売上の書き間違いです。
失礼しました。

230万円受領しました(※但し、◯◯の契約精算金として。総額330万円(消費税額等含む)のうちの消費税額等30万円含む)

細かい文言は推敲しますが、こんな感じの文言があれば400円でいけそうという形ですね。

返信、ありがとうございました。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP