スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

断水に備えている人は34.6%!備えていない理由は「手が回らない」がトップ

  • 最終更新日
    2022年11月24日 13:23
東晶貿易株式会社
東晶貿易株式会社が運営する「ウォーターサーバー比較plus」(https://www.waternet-inc.com/media/)は、全国20~50代の女性2401人に対して、断水の備えについてのアンケートを取得しました。


■調査概要


【調査期間】2022年10月21~10月24日
【調査対象】20~50代の既婚女性2,401名
【調査エリア】全国
【調査方法】自社でのインターネット調査


■調査結果の概要


断水を経験した家庭は37.7%
断水に向けて備えをしている家庭は34.6%
断水に向けての備えは「備蓄水の準備」がトップ
断水に向けて備えていない理由は「手が回らない」「面倒くさいから」が多数


断水を経験した家庭は37.7%



全国の20~50代の既婚女性2401名に調査を取ったところ、37.7%もの人が、これまでに断水を経験していることがわかりました。
近年では災害による断水も発生しているほか、住んでいる地域の水道管の更新や新設による計画的な断水も発生しています。
地域差もあるでしょうが、約3割の人が経験している状態です。

断水に向けて備えをしている家庭は34.6%



続いて断水に向けて備えをしている家庭について調査をしたところ、34.6%の家庭が断水に向けて何かしらの備えをしていることが分かりました。
断水を経験している割合よりも、断水に向けて備えをしていない家庭の割合が若干少ないことから、経験した後も万一に備えていない家庭があることがうかがえます。

断水に向けての備えは「備蓄水の準備」がトップ



断水に向けて備えている家庭に、どんな備えをしているか調査した結果、「備蓄水の準備をしている」との回答が一番多い結果となりました。
続いて浴槽に水をためる習慣がある、ウォーターサーバーの設置、ポリタンクの用意をしているとの回答が続いています。
その他の方法でも生活用水を確保している家庭が多いものの、やはり飲料水の備蓄に力を入れている家庭が多いと推測できます。

断水に向けて備えていない理由は「手が回らない」「面倒くさいから」が多数



断水に向けて備えていない家庭に向けて、備えない理由を調査したところ、手が回らない、面倒くさいからといった、準備に対する手間に関する回答が多く寄せられました。
備蓄水は消費期限もありますから、定期的に確認して新しいものと交換しなければなりません。
家庭で準備をするとなれば、備蓄用に買い物に出なければなりませんから、家庭で用意するには手間がかかるのはうなずけます。
但し被災する可能性が低いと思うから、住んでいる地域で断水が起きないという回答もみられています。

まとめ
断水の備えについて、20~50代の主婦にアンケートを取ったところ、34.6%の家庭のみが断水に向けた備えをしている結果となりました。
昨今豪雨や台風などの災害で断水する地域もありますから、「自分は大丈夫」ではなくもしもの備えをしていくことが大切です。
記事URL:https://www.waternet-inc.com/media/dansui-taisaku

■東晶貿易株式会社について
会社名:東晶貿易株式会社
代表者:代表取締役 大泉 弘晶
所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー38F
TEL:03-6230-9978
ホームページ:https://www.tosho-trading.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP