スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

【トクバイ調査】2024年土用の丑の日は、うなぎの「事前予約」がキーワード!うなぎを食べる予定の5人に1人が事前予約割引を活用、企業はフードロス対策に

  • 最終更新日
    2024年07月10日 16:51
株式会社くふうカンパニー
~フードロス対策を検討する企業の8割以上が「事前予約の実施・推奨」を検討~

くふうカンパニーグループにおいて、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を運営する株式会社ロコガイド(以下「ロコガイド」)は、「トクバイ」ユーザー1,171名、ならびに全国のスーパーマーケットをはじめとする「トクバイ」導入企業55社を対象に、「土用の丑の日の食卓」に関する調査を実施しました。 夏の土用の丑が7月24日(水)、8月5日(月)と2回ある2024年。調査の結果、「トクバイ」ユーザーにおいては4割以上が土用の丑の日にうなぎを食べる予定であると回答しました。近年うなぎの高値が続く中でも※おいしさや産地にはこだわり、事前予約割引を活用したり、少量でも満足できる食べ方をくふうするなどしてうなぎを楽しもうとしていることがうかがえる結果となりました。 また、スーパーマーケットをはじめとする6割以上の企業が、土用の丑の日においてフードロス対策の実施を検討しており、そのうち8割以上の企業が「事前予約の実施・推奨」を検討していることがわかりました。


※水産庁:ウナギ産業の次の成長に向けた現状と課題  
https://www.jfa.maff.go.jp/j/saibai/attach/pdf/unagi-2.pdf

■「土用の丑の日の食卓」に関するアンケート 調査サマリ


1. 2024年、土用の丑の日にうなぎを食べる予定の人は4割以上、調達方法は「スーパーで購入する」67.3%がトップ
「トクバイ」ユーザーに今年(2024年)の土用の丑の日(7月24日もしくは8月5日)にうなぎを食べる予定があるかたずねたところ、4割以上が「食べる予定」と回答しました。うなぎを食べる予定の方に調達方法をたずねたところ、「スーパーで購入する」67.3%が最多となりました。



2. うなぎを選ぶ決め手は、第1位「産地」、第2位「見た目」、第3位「安さ」。1人分の平均予算は1,728円
続いて、土用の丑の日にうなぎを食べる予定の方に、うなぎを選ぶ際の一番の決め手をたずねたところ、「産地」40.3%が最多、次いで「見た目(おいしそうか)」26.7%、「安さ」20.8%となりました。うなぎにかける1人あたりの予算についてたずねたところ、「1,000円以上~1,500円未満」の価格帯が27.5%で最多、平均予算は1,728円となりました。




3. 土用の丑の日の食卓でくふうしていることは「事前予約割引を利用して購入する」「少量のうなぎを満足感の高いメニューに調理する」「翌日以降に安くなったタイミングで購入する」。「うなぎ以外」のものでくふうする声も
近年のうなぎの高値を受けて土用の丑の日の食卓においてくふうしていることをたずねたところ、「事前予約割引を利用して購入する」19.1%が最多、次いで「少量のうなぎを満足感の高いメニューに調理する(ひつまぶし、ちらし寿司、玉子とじなど)」18.3%、「翌日以降に安くなったタイミングで購入する」17.2%という声が集まりました。生活者が味や産地にこだわったうなぎを少しでもお得に調達できる購入方法を選んだり、少量でも満足できるよう食べ方をくふうして楽しもうとしていることがうかがえる結果となりました。
また、「うなぎ以外の『う』のつくものを食べる」8.0%、「他の食材を使い『うなぎもどき』を作る」3.3%など、「うなぎ以外」のものを取り入れて土用の丑の日の食事を楽しむ人も一定数いることがわかりました。


4. 土用の丑の日に向けて販促施策を行う企業は98.2%、9割以上が「国産うなぎなど満足度が高い商品を拡充する」と回答、「うなぎ以外」の商品を展開する企業も
スーパーマーケットをはじめとした食料品を扱う「トクバイ」の導入企業に土用の丑の日に向けて販促施策を実施する予定があるかたずねたところ、98.2%が「実施する予定」と回答しました。

続いて、土用の丑の日のうなぎの販売の取り組みについてたずねたところ、9割以上が「国産うなぎなど満足度が高い商品を拡充する」と回答しました。また、「土用餅、『う』のつくものなど、うなぎ以外の商品を展開する」45.5%、「うなぎの『もどき』商品を展開する」12.7%と、「うなぎ以外」の商品で土用の丑の日を楽しめる施策を展開する企業も多いことがわかりました。


5. 6割以上の企業がフードロス対策の実施を検討、うち8割以上の企業が「事前予約の実施・推奨」を検討中
近年、季節商品の廃棄を削減する取り組みに注目が集まっていることを受けて、土用の丑の日においてフードロス対策を実施する予定があるかたずねたところ、「実施する予定」30..9%、「検討中」32.7%と6割以上が検討していることがわかりました。具体的な対策としては「事前予約を実施・推奨する」85.7%が最多、次いで「値引きシールを早めに貼る」20.0%、「真空パックなどの梱包を取り入れ、賞味期限を長く設定できる状態で販売する」20.0%、「切れ端や余ったうなぎの再利用」17.1%という声があがりました。


【調査概要】
1.「トクバイ」ユーザー調査
調査エリア:全国
調査対象者:「トクバイ」ユーザー、サンプル数: 1,171名
調査期間:2024年6月20日(木)~2024年6月26日(水)
調査方法:インターネットによる調査

2.企業調査
調査エリア:全国
調査対象者:「トクバイ」導入企業、サンプル数:55社
調査期間:2024年6月26日(水)~2024年7月3日(水)
調査方法:インターネットによる調査

■2024年、土用の丑の日は「うなぎの事前予約」に注目!
うなぎの価格高騰が続く中、生活者は味や産地にこだわったうなぎをできる限りお得に購入するため、企業側はフードロス対策のためにも、2024年の土用の丑の日は「うなぎの事前予約」がポイントとなりそうです。

<スーパーマーケットは生活者のニーズに合わせた土用の丑の日の楽しみ方を提案>
「イトーヨーカドーでは、フードロス対策としての在庫管理の適正化はもちろん、お客様に確実にご希望の商品を購入いただけるというメリットがあることからも、毎年積極的に事前予約を行っております。また、今年は生産者の顔が見えるオリジナル食品ブランドから初めて『顔が見えるお魚。うな重』を発売するほか、『うなぎまぶし』や『スイーツ』など、幅広い商品ラインアップを展開しています。」
(『イトーヨーカ堂』広報担当者のコメント)


■「おいしいもの総選挙2024」にエントリー中の個性的な「うなぎ」関連商品に注目!
トクバイ主催の投票企画「おいしいもの総選挙2024」には、全国のスーパーマーケットから自慢の商品が集まります。今回の調査結果から、近年、高騰する中でも「うなぎ」は生活者から人気があることがうかがえます。「おいしいもの総選挙2024」においてもスーパーマーケット各社の趣向を凝らした魅力的な「うなぎ」関連商品が多数エントリーされています。

・グランドマート:理大うなぎ蒲焼 3,218円(税込) 
 販売エリア:岡山 
 ※4月下旬~9月上旬の販売

・スーパー玉出:たれご飯シリーズ(うなぎたれご飯、焼き肉たれご飯、天丼たれご飯) 170円(税込) 
 販売エリア:大阪 
 ※スーパー玉出恵美須店のみの販売

・タイヨー、ビッグハウス、イキイキ生鮮市場:うな重 646円(税込) 
 販売エリア:茨城、千葉、東京 
 ※店舗によってはお取り扱いのない場合もあります

・西友、サニー、リヴィン:食の幸 九州産うなぎ長焼き 2,050.92円(税込) 
 販売エリア:北海道、宮城、福島、長野、千葉、埼玉、茨城、群馬、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、大阪、兵庫、奈良、京都、福岡、長崎、熊本、佐賀、大分 
 ※店舗によってはお取り扱いのない場合もあります

・じゃんぼ食鮮館:う巻 1パック518円(税込) 
 販売エリア:大阪 
 ※じゃんぼ食鮮館 花園店で販売

・モンマルシェ:自家製 特選うなぎ蒲焼 1尾2,679円(税込) 
 販売エリア:兵庫 
 ※店舗によってはお取り扱いのない場合もあります

<トクバイ主催「おいしいもの総選挙 2024」とは>
「おいしいもの総選挙」は、全国のスーパーマーケットが自慢のお惣菜などをエントリーし、「トクバイ」ユーザーをはじめとする一般生活者の方々に投票いただく企画です。2024年の「おいしいもの総選挙」では、全国のスーパーマーケットから、合計364商品にのぼるおいしいものが大集結しました。
2024年7月1日(月)~7日22日(月)の期間で、「トクバイ」ユーザーをはじめとする一般生活者の方々からの投票を実施しています。味、見た目、コストパフォーマンス、その他様々な理由を元に投票できるため、店舗の規模や知名度、商圏に関係なく、「食べたことがあり、ぜひおすすめしたい!」という商品はもちろんのこと「これは食べてみたい!」と思う商品なども選ばれます。

投票ページ:
https://oishiimono.tokubai.co.jp/?utm_source=referrel&utm_medium=release&utm_campaign=oishiimono202407


●チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」とは https://tokubai.co.jp/

2013年にスタートした、食品スーパーマーケットをはじめ様々な業態の小売店のチラシ・買い物情報を掲載しているWebサービス・アプリです。パソコン・スマートフォンから無料で情報の閲覧が可能です。掲載店舗数は72,000店以上*、30~50代の女性を中心に月間1,600万人以上*にご利用いただいています。 (*=2024年1月時点)



「トクバイ」アプリのダウンロードはこちら
https://tokubai.co.jp/mobile_application_redirections/redirect?event=newsrelease

「トクバイ」に情報掲載をご希望の企業様はこちら:https://biz-lp.tokubai.co.jp/lp1

●会社概要
社名:株式会社ロコガイド(https://locoguide.co.jp/
本社所在地:〒108-0073 東京都港区三田1−4−28 三田国際ビル23階
資本金:50百万円(2023年12月末時点)
設立年月日:2016年7月1日
主要事業:チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

経営ノウハウの泉より最新記事

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP