スポンサーリンク

プレスリリース

研究・調査報告

受験において最重要視すべき科目は英語と答えた人は大学生の53%!?

  • 最終更新日
    2020年05月23日 09:00
HUSTAR株式会社
HUSTAR株式会社が「一番大事な受験科目についての調査」を実施しました。


【調査概要:大学受験に関する調査】
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :50名
■調査対象 :現役大学生

HUSTAR株式会社が運営する、オンライン学習コーチングサービス『スタディチェーン』http://studychain.jp/ 編集部は、現役大学生に対して「どの科目が受験で一番大事か」について調査しました。

受験において一番大事な科目はなんなのでしょうか。人によって答えがバラバラになると思います。「グローバル化してるし将来を考えても英語!」「意外と周りと差がつけやすい国語?」「理数系が一番大事」など様々な意見があると思いますが、実際に大学受験を経験した現役大学生の方々はどの科目が一番重要だと考えるのでしょか?

『スタディチェーン』http://studychain.jp/ 編集部は、現役大学生を対象に「受験において1番大事な科目は?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。


【スタディチェーンから引用:http://studychain.jp/
現役大学生を対象に「一番大事な受験の科目は?」とアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

国語:12.2%
数学:28.6%
英語:53.1%
その他:6.1%




国語:12.2%

「一番大事なのは国語」と回答した人は全体の12.2%でした。
国語の現代文という科目をどのように勉強していけばいいか、という問いに対して「感覚で解く、量をこなせば点数が上がる」という抽象的な答えが多く、受験生にとって、どのように勉強していけばいいのかがわからないという声が多いのが国語の特徴です。
現役大学生からは「多くの人が数学や英語を一番重要視すると思う、だから国語を重点的にやって他の人と差をつける」という声が上がりました。



数学:28.6%

「一番大事なのは数学」と回答した人は全体の28.6%でした。
理系科目で受験する高校生にとって一番ネックとなるのが数学II・Bとも言われています。
また、数学IIBは数学IAの上位互換となっている単元があります。数学IAが出来ないと歯が立たない場合もあるので点数を取るのが難しく、受験において乗り越えるべき「一番大きい山」ということで、「一番大事なのは数学」と回答した人が多い印象でした。



英語:53.1%

「一番大事なのは英語」と回答した人は全体の53.1%でした。
このアンケートに回答して頂いた現役大学生のうち、半数以上が受験において「一番大事なのは英語」という意見を持っている事がわかる結果になりました。やはり、英語は配点も大きく、ほとんどの大学が重視する科目であることも大きく関係しているようです。



その他:6.1%

「その他の科目が一番大事」と回答した人は全体の6.1%でした。
その他の科目の内訳は、社会科目や理科科目です。社会科目や理系科目は重要ではあるが、一番大事かといわれるとそうではない、と考える人が多くいました。
また、社会科目が一番大事だと回答した方の中から、「政治・経済で身につけた知識は大学生になってからも非常に役立っている」といった声も上がりました。

▼下記記事では、「大学受験で意識すべき各科目の勉強法」について説明しているので参考にしてみてくださ  い。
http://studychain.jp/juken-point/

▼ 他のアンケートなども参考にしたい方はこちらから
 http://studychain.jp/blogforstudy/

▼無料体験についてのサイトはこちら
https://studychain.jp/free-lesson/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP