スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

ガス絶縁開閉装置の市場規模は、2020年の169億米ドルから2025年には265億米ドルへ、CAGR9.5%で成長予測

  • 最終更新日
    2020年07月31日 21:00
ガス絶縁開閉装置(GIS)市場は、2020年の169億米ドルから2025年には265億米ドルに達し、CAGR9.5%で成長すると予測されています。市場成長の要因は、工業化と都市化の進展による電力網の拡大に加えて、再生可能エネルギーへの投資や二酸化炭素排出量削減のための政府の取り組みに起因していると予測されています。

トランスミッション部門が最大の市場

市場は、エンドユーザー別に、送電ユーティリティー、発電ユーティリティー、配電ユーティリティー、鉄道・地下鉄、産業・OEM、商業に分類されています。この中では、送電部門が最も重要なガス絶縁開閉装置市場になると予想されています。これは、人口増加に伴う都市化の進展による電力需要の増加に起因しており、その結果、世界中の送電網が増加していることに起因しています。送電網の拡大は変電所の増加につながり、ガス絶縁開閉器の需要を押し上げることが期待されます。一方、COVID-19については、製造拠点の操業や進行中のプロジェクトの停止により、市場の需要に悪影響を及ぼすことが予想されます。

断熱タイプ別では、SF6部門が最大のシェアを占める

断熱タイプ別では、SF6部門がシェアの大半を占めると予想されます。ガス絶縁開閉器は、誘電体ガスである六フッ化硫黄(SF6)を適度な圧力で使用し、相対相および相対地絶縁を行います。その強力な誘電特性により、高電圧と高電力の送配電システムおよび発電変電所で広く使用されています。SF6で満たされた開閉器は非常に小さなスペースで済むため、場所の節約に理想的です。再生可能エネルギーを中心とした電力セクターへの投資が世界的に拡大していることから、SF6ガス絶縁開閉器市場は顕著な成長が見込まれています。しかし、COVID-19の影響でメーカーのSF6の生産が遅れています。

電圧定格別では、最大36kVまでの部門は、最も急速に成長

電圧定格別では、36kVまで、36kV72.5kV、72.5kV220kV、220kV以上に分けられ、36kVまでの部門が最も急速に成長すると予測されます。

36kVまでのガス絶縁スイッチギアは、一般的にすべてのエンドユーザー部門で使用されており、特に製造・プロセス産業やT&Dユーティリティ企業で使用されています。また、インドでは幹線列車のほとんどが25kVで運行されているため、鉄道システムでも使用されています。最大36kVのスイッチギアは、発電機、モータ、コンプレッサなどの産業機器、HVAC、空調、暖房、照明機器、過負荷電流保護、T&D変電所のアーク保護などに使用されています。製造業の成長に伴い、産業分野が全体的に成長していることから、36kVまでの需要に好影響を与えることが期待されています。しかし、COVID-19の影響により、電力会社は足踏み状態にあり、企業は損失を被っています。

APACは市場で最も急成長する

市場は、アジア太平洋(APAC)、北米、欧州、中東・アフリカ、南米の 5 つの地域に区分され、APACが世界のガス絶縁開閉器市場を支配すると予想されます。これは、中国やインドなどの発展途上国や、日本や中国などの先進国における電力需要の増加に起因しています。この点に加えて、老朽化した電気インフラの改善により、変電所の数が増加すると予想され、さらに需要が増加すると予想されます。しかし、COVID-19の影響で、インドや中国などの主要国の経済が大幅に落ち込んでおり、市場のマイナスの影響が懸念されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama942704-gas-insulated-switchgear-market-by-voltage-rating.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP