スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

建築・建設業向け3Dプリンティングの市場規模、COVID-19の影響で、大幅縮小も2023年に推定1億2000万米ドル、CAGR 147.79%にV字回復

  • 最終更新日
    2020年07月31日 19:00
3Dプリンティングビル建設の市場規模は、3Dプリンターでビルを建設し、関連サービスを提供する事業体(団体、個人事業者、組合)の販売収益で構成されています。3Dプリンティングまたは積層造形は、コンピュータ制御による材料の連続的な積層により、3次元形状を作成するものです。建設業界では、3Dプリントは、建物の構成要素の製造や、建物全体を作成するために使用されます。人件費を削減し、無駄を省いて、より速く、より正確な構造物を構築することができます。

市場は、2019年の400万米ドルから2020年には200万米ドルに減少し、CAGR35.76%に縮小すると予想されています。これは、COVID-19による影響に起因しています。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR 147.79%で1億2000万米ドルに達すると予想されています。

2019年は、アジア太平洋地域が最大市場となりました。

市場は、建設別に、モジュール、フルビルディングに分類されています。また、プロセス別には、押し出し、粉体接着、その他に分類され、印刷材料別には、コンクリート、プラスチック、金属、ハイブリッド、その他に分類され、エンドユーザー別には、住宅、商業、工業に分類されています。

合理的なコストで規定の時間内に複雑な構造物を構築する能力は、市場の需要を牽引する主な要因です。3Dプリンティングビル建設は、費用対効果が高く、時間の節約、精度の向上、安全性の向上、人件費の削減、環境への配慮、複雑な建築構造物の構築を容易にすることができます。 2018年1月に発行された3D Natives Magazineによると、建設における3Dプリントは、従来の製造プロセスと比較した場合、材料の使用量の点で経済的であると報告されています。他にも、人件費を50%から80%、生産時間を50%から70%、建設廃棄物を30%から60%も削減します。したがって、3Dプリント建設が提供する経済的利益は、市場の成長を大幅に後押しすると予想されます。

初期設備投資の必要性が高いことが、今後の市場の成長に影響を与えると予想されています。3Dプリンターの高額なコストとそのメンテナンスは、業界関係者にとって大きな課題となっています。3Dプリンティング建設会社のWinsun 3D Buildersによると、3Dコンクリートプリンターの高い初期費用のために、中小企業は自らの拡大・成長のために、資本と建設の適切なプロジェクトが必要とされます。このプロセスの立ち上げにかかる高い初期資本が、市場の成長を阻害すると予想されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc945336-3d-printing-building-construction-global-market.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP