スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

[2020~2027年予測期間中]グローバル規制技術(RegTech)市場ーCOVID-19の影響に関するサイズ調査、コンポーネント別、展開タイプ別、組織サイズ別、アプリケーション別、業種別、地域別

  • 最終更新日
    2020年08月07日 22:17
Kenneth Research

Kenneth Researchは、2020-2027年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバル規制技術(RegTech)市場に関するレポートを2020年8月07日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。グローバル規制技術(RegTech)市場は、2019年に約52億米ドルと評価され、2020~2027年の予測期間で20.3%の成長率で成長すると予想されています。グローバル規制技術(RegTech)市場はコンポーネント別(ソリューションとサービス)、展開タイプ別(オンプレミスとクラウド)、組織サイズ別(大企業と中小企業)、アプリケーション別(リスクおよびコンプライアンス管理、アイデンティティ管理、規制報告、マネーロンダリング防止(AML)、詐欺管理および規制情報)、業種別(銀行および資本市場、保険および非金融)および地域別などによって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-regulatory-technology-regtech-market/10326776

規制テクノロジーは、テクノロジーを介した金融業界内の規制プロセスの管理です。規制テクノロジーは、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)を通じてクラウドコンピューティングテクノロジーを使用してビジネスを効率的に運営するのに役立ちます。regtechの主な機能は、トランザクション、レポートとコンプライアンスの管理、規制報告、アイデンティティと制御管理、規制情報を監視することです。グローバルな規制技術(RegTech)市場は、突然のcovid-19パンデミックにより、課題に直面しています。企業は従業員の健康を守るために「在宅勤務」ポリシーに頼っているため、このパンデミックは規制技術(RegTech)ソリューション市場の関係者に影響を与えました。

コンプライアンスコストの増加、トランザクションの高速化に対するニーズの高まり、RegTechの革新をサポートする規制サンドボックスアプローチ、SaaSベンダーの参入障壁の低下により、規制技術(RegTech)市場の成長が促進されます。さらに、市場のキープレーヤーによる増加する進歩と他の戦略的提携は、この市場に有利な需要を生み出します。2019年9月25日、米国を拠点とするBroadridge Financial SolutionsとFundsLibraryは、MiFID II事後コストと請求およびソルベンシーIIがもたらす課題に対処するためのサービスの開発を発表しました。しかし、規制の相違は、予測期間中に世界の規制技術(RegTech)市場の成長を抑制する主要な要因です。



グローバル規制技術(RegTech)市場は、2019年に約52億米ドルと評価され、2020~2027年の予測期間中に20.3%の成長率で成長すると予想されています。高度な技術が市場の成長をリードしているため、北米は市場シェアの点で世界の重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は予測期間2020~2027で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバル規制技術(RegTech)市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバル規制技術(RegTech)市場における業界のリーダーはAccuity Inc.、ACTICO、Broadridge Financial Solutions、Deloitte Touche Tohmatsu Limited、London Stock Exchange Group plc、International Business Machines (IBM) Corporation、Jumio、MetricStream、NICE Actimize、PricewaterhouseCoopersなどです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326776

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP