スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場ータイプ別(飼料フレーバー、飼料甘味料)、家畜別(反芻動物、豚、家禽、養殖)、フォーム別(DryLiquid)、ソース別(天然)地域別予測2020-2027年

  • 最終更新日
    2020年08月07日 21:55
Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年8月 07日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2020-2027年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/global-feed-flavors-and-sweeteners-market/10326783


飼料フレーバー(おいしさ調整剤としても知られています)は、飼料の味と香りを高めて飼料摂取量を刺激できる化合物です。一方、砂糖、ブドウ糖、糖蜜などの食品甘味料は、高可用性のエネルギー源であるだけでなく、飼料の甘さと味を高めるために使用されます。飼料のフレーバーと甘味料は、嗜好性を改善し、飼料が食欲をそそるようにするために広く使用されています。フレーバーは、異臭はあるものの、より良い栄養価を持つ珍しい飼料資源の挿入において重要な役割を果たしているため。したがって、飼料のフレーバーと甘味料の需要は世界中で大幅に高まっています。さらに、嗜好性を高める飼料添加物の需要の高まりとともに、肉および乳製品の消費量の増加は、予測期間中の市場のCAGRの原因となるいくつかの要因です。

国連食糧農業機関によると、バターの世界的な消費量は2018年に約11,555キロトンで、2025年までに13,398キロトンになると予測されています。また、Statistaによると、米国のヨーグルトの1人あたりの消費量は、2000年には約80億米ドルまたは6.5ポンドと推定され、2017年には170億米ドルの13.7ポンドに増加しました。これは、今度は世界的に飼料のフレーバーと甘味料の需要を強化する可能性があります。さらに、最近世界中でCOVID-19の大流行が発生し、飼料のフレーバーと甘味料の需要が不足しています。これは、いくつかの地方政府が、商品、サービス、人々の移動を制限して、新しいコロナウイルスの蔓延を防止したためです。そのため、飼料のフレーバーや甘味料の製造業者は、供給の混乱と生産と需要の減少を経験しており、それによって市場は今年大幅に減少しています。ただし、原材料の変動する価格と意識の欠如は、2020年から2027年の予測期間中の市場の成長を妨げるいくつかの要因です。



レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場における業界のリーダーはKerry Group plc、Grupo Ferrer Internacional, S.A.、Prinova Group LLC、Solvay S.A.、Alltech、Norel S.A.、Biomin Holding GmbH、Pancosma SA、Nutriad International NV、Kemin Industriesなどです。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326783

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

市場セグメンテーション

グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場は、ータイプ別(飼料フレーバー、飼料甘味料)、家畜別(反芻動物、豚、家禽、養殖など)、フォーム別(DryLiquid)、ソース別(天然、合成)および地域別などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。アジア太平洋地域は、消費者の間で高品質の肉製品に対する意識が高まっていること、および地域の個人の可処分所得の増加により、市場シェアの点で世界で最も重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は2020~2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

食料品と消費財の増え続ける需要の注目すべき要因の一つは、世界中の人口の増加です。2020年5月現在、世界の人口は約78億人と推定されており、中国が最も人口が多く、次いでインド、アメリカが続きます。さらに、FAO(米国食糧農業機関)の統計によると、総土地面積の3分の1は2016年の農業に使用され、2015-2030年の間に、世界の年間作物生産量は1.4%で成長するとと予測されます。これらの要因は、グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場の成長に大きく貢献しています。生産、保管、表示、包装、保管、その他の重要な機能、または世界経済の形成、FMCGおよび食品業界は、消費者の基本的なニーズに大きく貢献しています。グローバル飼料フレーバーおよび甘味料市場の調査レポートは、クライアントが成長指標、課題、傾向、機会などのさまざまな側面と、ビジネスの成長を促進するために、市場に関連する可能性のあるリスクと戦略的洞察を理解するのに役立ちます。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP