スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

クリアアライナーの市場規模、COVID-19の影響で2020年は減少するも、CAGR16.26%で回復し2023年には31億4000万米ドル到達予測

  • 最終更新日
    2020年09月17日 14:00
クリアアライナー市場は、クリアアライナーを製造する企業が、クリアアライナーの売上から得られる収益で構成されています。クリアアライナーは、歯に力を加えて動きを調整し、歯並びを整え、まっすぐにする歯列矯正装置です。

クリアアライナーの市場規模は、2019年に20億8000万米ドルに到達しましたが、COVID-19の影響から2020年には20億米ドルに縮小すると予想されています。その後、市場はCAGR16.26%で回復し、2023年には31億4000万米ドルに達すると予想されています。

2019年は、北米地域が最大市場でした。また、アジア太平洋地域が最も急速に成長すると予測されています。

不正咬合の有病率の上昇は、市場の成長を促進する主な要因です。不正咬合は、歯の上下の配置および咬合が不正確である医学的障害です。不正咬合の有病率は、地域や年齢層により変動率が高くなります。虫歯、歯肉病、歯科フッ素症と並んで、最も一般的な歯科疾患の一つです。2020年1月現在、クリアアライナー市場のリーディングカンパニーであるAlign Technology社のInvisalignシステムを使用して治療を開始した患者は200万人います。歯の矯正に使用されるInvisalignシステムの需要により、クリアアライナーの採用率が高まり、市場の成長に貢献しています。

クリアアライナー市場の成長を制限する主な要因は、その高いコストです。クリアアライナーのコストは、従来の金属製の装置よりも高額です。例えば、クリアアライナーの平均コストは3500米ドルから8000米ドルの範囲で、従来の金属製の装置の2500米ドルから6000米ドルと比較して高額です。このようなコストの違いは、クリアアライナーが患者の状態や重症度に応じて設計されるという、個別対応によるものです。クリアアライナーの高価格は、市場の成長を抑制する可能性があります。

歯科用3Dプリンティングは、クリアアライナー市場での新興技術です。3Dプリンティングは、ブリッジモデル、手術ガイド、クリアアライナー、義歯などの歯科業界で多くの用途を持っています。しかし、歯科用3Dプリンティングは、費用効率良く歯列模型を設計できることから、クリアアライナー製造は歯科用3Dプリンティングにおいて最も一般的な用途です。現在、クリアアライナー製造業者の大半は、その製造に3Dプリンティングを使用しています。例えば、2019年にはスマイルダイレクトクラブがHPと提携し、3Dプリンティングで作成されたクリアアライナーの歯列模型を1年間で2000万個製造しました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc951593-clear-aligners-global-market-report-30-covid-19.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP