スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

生体吸収性ステントの市場規模、COVID-19の影響で縮小後、CAGR11.53%で回復し2023年には4億892万米ドルに到達予測

  • 最終更新日
    2020年09月17日 12:00
生体吸収性ステント市場は、生体吸収性ステントと関連サービスの売上で構成されています。生体吸収性ステントは、血管スキャフォールドとしても知られ、体内で完全に溶解することができる冠動脈用ステントです。これらの生分解性ステントは、経皮的冠動脈形成術(PCI)で使用され、治療した血管に構造的なサポートを提供し、急性の反動や再狭窄を防ぐために使用されます。生体吸収性ステントは、心臓病の治療に一般的に使用されています。

生体吸収性ステントの市場規模は、2019年の2億9690万米ドルから2020年にはCOVID-19パンデミックの影響でCAGRは0.73%に落ち込み、2億9475万米ドルに縮小すると予想されています。また、COVID-19の影響により、心血管疾患の緊急性のない治療が制限、延期され、市場の収益に影響を与えました。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR11.53%で成長し4億892万米ドルに達すると予想されています。

2019年の生体吸収性市場では、欧州が最大地域となりました。

心血管疾患の増加が生体吸収性ステント市場の成長を牽引する要因となっています。心血管疾患は世界的に死因の第1位であり、死亡者の5人中4人が脳卒中と心臓発作を引き起こしています。さらに、3分の1を70歳未満の人が占めています。生体吸収性ステントは、従来の金属製ステントにより起こりうる、スキャフォールド血栓症や再狭窄などの晩期合併症のリスクの軽減を目的として開発されています。米国心臓協会によると、2030年までに2360万人以上が心血管疾患により死亡すると推測しています。そのため、心血管疾患の増加が市場の成長を牽引すると予想されています。

生体吸収性ステントに関連する高リスクが市場の成長を抑制しています。例えば、2017年には、Abbott社はアブソルブという製品の撤退を余儀なくされ、Boston Scientific社は、デバイスが心筋梗塞や血栓症のリスクが高いことを示したため、Renuvia scaffoldの開発プログラムを終了しました。これは、ステントに使用されているポリマーの不均一な構造がデバイスを大きく変形させ、血流を乱す原因となっていました。

生体吸収性ステント市場は製品タイプ別に、ポリマーベースと金属ベースに分類され、吸収率別に、遅吸収性ステント、速吸収性ステントに分類されます。用途別では、冠動脈疾患、末梢動脈疾患に分類されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc951595-bioabsorbable-stents-global-market-report-30-covid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP