スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務・総務・税務関連リリース

当社子会社のスクールTOMASとKDDI まとめてオフィスとの業務提携に関するお知らせ

  • 最終更新日
    2021年06月10日 17:00
株式会社リソー教育
株式会社スクールTOMAS(以下、「スクールTOMAS」といいます)は、KDDI まとめてオフィス株式会社(以下、「KDDI まとめてオフィス」といいます)との間で業務提携をおこなうことについて決議いたしましたので、お知らせいたします。


1.業務提携の内容
スクールTOMASおよびKDDI まとめてオフィスはそれぞれのノウハウ、ネットワークおよび情報を相互に活用することで、スクールTOMASを導入する学校へのICT環境整備拡充とKDDI まとめてオフィスがIT基盤導入を進めている学校へ学校内学習支援システムを導入し、日本の学校のICT環境整備を共同で進めるものであります。

2.業務提携の理由
KDDI まとめてオフィスは、文部科学省が推進するGIGAスクール構想における生徒1人1台のPC、タブレット端末の導入を進めております。これらの学校に対して、スクールTOMASはその端末を運用する社員、講師を派遣することで、全国の学校のICT教育を個別指導の運用面で全面的にサポートしてまいります。
KDDI まとめてオフィスの提供するタブレット端末は、セルラーモデルでの提供も可能のため、生徒が家庭においても自分のものとして一日中使用できるほか、小学校入学から大学受験までの長期間での使用も可能なため、より長期的視野に立って生徒一人ひとりに合ったカリキュラムおよびその管理ができるものです。このことにより、大学付属・系属の学校に対しても大きな導入のためのアドバンテージになるものと考えております。
スクールTOMASは、全国約70校(東京都立高校2校を含む)の学校で学習支援をおこなうことが決定しており、社員が学校に常駐し、生徒一人ひとりの学習をサポートしております。加えてAI教材の活用をはじめ、さまざまなデジタルコンテンツの運用もおこなうなど、ICT教育を個別指導という新しい形でサポートしてまいります。
また、学校は、教員の働き方改革による業務の効率化を図り、放課後の学校内個別指導により生徒の学力個人差を埋め、教員が授業に専念できる環境を整え、多様化する進路に対して、生徒一人ひとりに対応できる環境を作っていくことが可能となり、よりきめ細かな指導に寄与できると考えております。
これまでは、スクールTOMASは私立中高一貫校中心に導入を増やしてきましたがこの提携により全国すべての小学校、中学校、高校が対象になり開拓対象のマーケットが大きく拡大いたしますので、そうした準備・対応も進めてまいります。

現状では、「GIGAスクール構想」が昨今の新型コロナウイルス感染症拡大を受け、その実現が前倒しとなり、学校はその対応に追われている状況となっております。
そこで、すでに学校向けに学習支援サービスを提供しており、これまでTOMASで長年培ってきた安心で確実な完全1対1の進学指導のノウハウを持っているスクールTOMASと、同じく学校にハードウエアやネットワークなどのIT基盤の導入を進めているKDDI まとめてオフィスが、それぞれの有する専門性および経営資源を相互活用し、今後は全国の小中学校の課題解決と将来の持続的な事業発展に向けて取り組んでまいります。

3.スクールTOMASの概要
(1)名称:株式会社スクールTOMAS
(2)所在地:東京都豊島区目白3丁目1番14号1
(3)代表:代表取締役社長 上田 真也
(4)事業内容:学校内個別指導


【この件に関するお問合せ】
リソー教育グループ 
広報担当 村尾・長野
TEL:03-5996-3701
Email:info@mail.tomas.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 労務・総務・税務関連リリース一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP