スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

【調査リリース】資産の把握状況に関する調査/物価上昇の中、資産の把握状況に関する自信がない人が約7割!内容を十分に把握できているか自信がない資産=“もやもや資産”は一世帯あたり1,000万円以上!

  • 最終更新日
    2022年08月05日 13:00
株式会社かんぽ生命保険
保険契約の確認にはマイページ活用がおすすめです

 株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 千田哲也、以下「かんぽ生命」)は、全国の20~70代男女1,329名を対象にした「資産の把握状況に関する調査」を実施しました。その結果、資産の把握状況に関する自信がない方が全体の約7割いることが分かりました。さらに、十分に内容を把握できているか自信がない“もやもや資産”が一世帯あたり1,000万円以上あり、国内総額は約600兆円にのぼると推定されます。※  かんぽ生命では、保険契約の確認に役立つ『マイページ』をご用意しております。ご契約内容の確認や各種手続きを行うことができ、もやもやの解消にお役立ていただけます。


<もやもや資産とは?>
 あることは分かっているけど、内容を正確に把握できているか自信がない資産のことを指します。例えば、どの資産をどれくらい所持しているかはっきりと分からない、将来その資産を受け取るために必要な書類の保管場所がすぐに思い浮かばないといったさまざまな“もやもや”を抱えた資産です。




《調査結果まとめ》


1. 資産の把握状況に関する自信がない人が約7割!
・30~50代女性は8割越え
・不安を感じる理由は、30代「時間がない」、60代「書類の管理が大変」

2. 内容を十分に把握できているか自信がない資産=“もやもや資産”の存在が明らかに!一世帯あたり1,000万円以上!
・内容を十分に把握できているか自信がない資産1位:現金・預貯金、2位:生命保険、3位:投資
・“もやもや資産”の国内推定総額は600兆円!

3. 夏休みは親子で確認を!いざという時に備え、親の資産を把握している子は8.9%
・シニア世代の“もやもや資産”世帯平均は約1,750万円
・親と資産の話をしたことがない人が6割以上

4. いざという時に備えて!保険契約の確認にはマイページへの登録・活用がおすすめ



《調査結果詳細》


1. 資産の把握状況に関する自信がない人が約7割!
 自身が保有する資産の把握状況に関する自信度を問う設問では、不安を「感じる」と「少し感じる」の合計が69.4%という結果になりました。男女別でみると、男性が64.3%、女性が74.6%です。年代別では、40代がもっとも多い79.4%で8割近い結果となり、性年代別では、30~50代女性が順に84.5%、83.3%、80.8%と、それぞれ8割を超えています。






 資産の把握状況に関する自信がない理由としては、「資産管理の仕方が分からないから」が43.3%と最も多く、次いで2位が「なんとなく苦手意識があるから(40.4%)」、3位「面倒だから(27.2%)」という結果になりました。その他にも、「インフレへの対処に自信がないから」「いつまで生きるか分からないから」という回答があり、変化の多い時代に対する不安が散見されました。年代ごとで見てみると、働き盛りでライフステージの変化が多い30代は「苦手意識」が強く、「時間がないから」が他の世代より多い傾向にあります。60代は「書類の管理が大変だから」が32.6%で、平均より8.4ポイント高い結果となっています。


2. 内容を十分に把握できているか自信がない“もやもや資産”の存在が明らかに!一世帯あたり1,000万円以上!
 現金、保険、不動産などの資産について、内容を十分に把握できているか自信がない資産の分類を問う設問では、1位が「現金・預貯金」、2位「生命保険」、3位「投資」という結果になりました。それぞれが3割を超えており、内容を十分に把握できているか自信がない“もやもや資産”の存在が明らかになりました。このデータをもとに、“もやもや資産”の国内推定総額を算出すると、一世帯あたり1,000万円以上、国内総額は約600兆円にのぼると推定されます。


3. 夏休みは親子で確認を!いざという時に備え、親の資産を把握している子は8.9%
 60代以上のシニア世代の“もやもや資産”は、一世帯あたり約1,750万円を超えると推測され、全世代平均の約1.7倍であることが分かります。
 親と資産の話をした時期を問う設問では「話したことはない」が6割を超え、さらに、いざという時に備えた親の資産の把握状況については、「全て把握している」と答えた人は8.9%に留まりました。夏休みを期に、親子で資産の内容確認をしてみるのも良いかもしれません。


※<一世帯当たり“もやもや資産”計算式>
一世帯あたり資産分類ごとの平均所有額×一世帯あたり資産分類ごとの内容を十分に把握できているか自信がない割合
参考データ
・世帯数
 令和2年国税調査
 URL:https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka/pdf/outline_01.pdf
・資産額(土地・不動産、その他を除く)
 金融広報中央委員会(日本銀行情報サービス局内) 家計の金融行動に関する世論調査
 URL:https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/
・資産額(土地・不動産)
 総務省統計局 2019年全国家計構造調査
 URL:https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003426532

4. いざという時に備えて!保険契約の確認には『マイページ』への登録・活用がおすすめ


 かんぽ生命では、ご契約者さまが保険の契約内容の確認やお手続きがいつでも手軽にできるよう、ご契約者さま専用サイト『マイページ』をご用意しています。例えば、すぐに保険証券(保険証書)を確認したいときや、担当者やコールセンターに電話がつながらないときでも、ご契約内容の確認が可能です。また、『マイページ』でご住所や電話番号の変更や、入院・手術保険金等の請求、ご家族登録に関するお手続きをすることもできます。
▶かんぽ生命ホームページ:https://www.jp-life.japanpost.jp/

■調査概要
調査対象:全国20~70代男女1,329名、調査方法:インターネットリサーチ
調査委託先:マクロミル、調査期間:2022年7月1日~3日
※ 本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP