スポンサーリンク

相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

みなし残業を新しく取り入れたい

著者 そーむけーりちゃん さん

最終更新日:2020年06月06日 11:40

どうか、皆さんお力を下さい。

弊社は就業規則はありますが、36協定はありません。
就業規則の届出義務がないので、労働基準監督署に提出はしていません。
今まで、残業0でしたが、最近残業をする社員が増えてきました。コロナの影響で、売上が落ちてきているので、自主的に頑張ってくれています。36協定がないので、残業させてはいけないのですが、従業員に感謝しつつ会社は黙認の姿勢をとっています。

しかし、このままではいけいなと思い、36協定を結んで、残業手当をつけるよう、会社も対応しようと考えています。
そこで、基本給に残業20時間分を含む こととし、それを超える部分について残業手当をつけたいのですが、基本給変わらず、残業20時間含むと追加する?のは可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

Re: みなし残業を新しく取り入れたい

著者 ぴぃちん さん

最終更新日:2020年06月06日 13:32

こんにちは。

休業規則の届出義務と三六協定の協定書の提出とは別物です。

貴社で残業をおこなうのであれば、三六協定は提出してください。

>基本給変わらず、残業20時間含む

たとえば、現在が残業手当なしで20万円の月給を、時間外残業20時間分を含んで20万円の月給にすることはできません。

同じ業務をするのであれば、20万円の基本給に加えて、時間外手当の20時間分を固定残業手当として賃金とすることは普通でしょうね。



> どうか、皆さんお力を下さい。
>
> 弊社は就業規則はありますが、36協定はありません。
> 就業規則の届出義務がないので、労働基準監督署に提出はしていません。
> 今まで、残業0でしたが、最近残業をする社員が増えてきました。コロナの影響で、売上が落ちてきているので、自主的に頑張ってくれています。36協定がないので、残業させてはいけないのですが、従業員に感謝しつつ会社は黙認の姿勢をとっています。
>
> しかし、このままではいけいなと思い、36協定を結んで、残業手当をつけるよう、会社も対応しようと考えています。
> そこで、基本給に残業20時間分を含む こととし、それを超える部分について残業手当をつけたいのですが、基本給変わらず、残業20時間含むと追加する?のは可能なのでしょうか?
>

Re: みなし残業を新しく取り入れたい

著者 村の長老 さん

最終更新日:2020年06月07日 08:28

今まで残業ゼロだったとはすごいですね。私も残業を一切させていない会社は、これまで2社しか知りません。

さて今後はありうるとのことですが、いきなりみなし残業代制を導入するのではなく、現実にどの程度発生するのかを把握するためにも、発生すればその都度、その分を支払うという通常の方法が良いのではと思います。36協定上の時間数は、当面限度時間内でいいのではと。

一旦みなし残業代制を導入すると、設定の仕方にもよりますが、元に戻すには大半が不利益変更扱いとなり難しくなります。そうしたリスクを回避するのも労務担当の役割と思いますがいかがでしょう。

Re: みなし残業を新しく取り入れたい

著者 プログレス合同会社 さん

最終更新日:2020年06月08日 11:56

みなし残業制を取り入れたいのはどのような理由からなのでしょうか?

みなし残業制であっても基本給部分と固定残業部分の金額は明示的区別しなければなりませんし、残業時間管理も普通に行わなければなりません。
固定残業分も固定残業時間を普通に残業計算した金額よりも少なければ問題なります。

残業時間の少ないときには従業員にとってメリットがあるのですが、今回はみなし残業制導入でも従来の給与額に変更がないようにしよう考えておられますので、そのメリットもありません。
むしろ従業員にとっては不利益変更になります。

Re: みなし残業を新しく取り入れたい

著者 そーむけーりちゃん さん

最終更新日:2020年06月09日 14:44

ありがとうございました。
36協定を提出します!

村の長老様
当社は開業5年目の若い会社ですが、業界のベテランが集まった小集団だったので、今まで残業0でやってこれました。
会社を大きくする為、半年前から新人を少しずつ採用し4名増員になりました。
新人さんは仕事に慣れていないし、仕事をこなすにしたがって、だんだんと残業が増えてきています。36協定を結んで、きちんと残業代をお支払いしようと会社は考えています。
基本給に含む形で、労働者にとって不利益ではありますが、今いる従業員は理解してくれるものと感じています。従業員と良く話し合って、決めたいと思います

Re: みなし残業を新しく取り入れたい

著者 村の長老 さん

最終更新日:2020年06月09日 15:51

> ありがとうございました。
> 36協定を提出します!
>
> 村の長老様
> 当社は開業5年目の若い会社ですが、業界のベテランが集まった小集団だったので、今まで残業0でやってこれました。
> 会社を大きくする為、半年前から新人を少しずつ採用し4名増員になりました。
> 新人さんは仕事に慣れていないし、仕事をこなすにしたがって、だんだんと残業が増えてきています。36協定を結んで、きちんと残業代をお支払いしようと会社は考えています。
> 基本給に含む形で、労働者にとって不利益ではありますが、今いる従業員は理解してくれるものと感じています。従業員と良く話し合って、決めたいと思います

事業発展とのこと、結構なことだと思います。

しかし何か勘違いされてるように思います。みなし残業代を適正に運用すると、従業員には利益であっても、会社利益はほとんどありません。例えば10時間分を見做したとすれば、例え2時間残業しても10時間したものとみなすことになります。もっといえばゼロでもです。これに対し20時間したとしましょう。10時間分オーバーしたわけですからプラス10時間分の残業代を支払わねばなりません。

相談を新規投稿する

1~5
(5件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP