スポンサーリンク

相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

在宅勤務時の報告メール

著者 ASH さん

最終更新日:2020年11月19日 15:34

お疲れさまです
標記の件について皆さんの意見をお聞きしたいです。

弊社ではつい最近になって在宅勤務が出来る体制が整いました。個人にノートパソコン1台ずつを貸与しています。基本的に残業は無しです。(家で出来ることは限られているのでそこまで忙しくはならない)めったにないですが、もし仮にするならもちろん残業手当はつきます。
開始時と終了時には上司にメールで連絡をします。例えば開始時は「今日は決算資料作成します。今から業務開始します」、終了時は「決算資料作成とデータ整理しました。お疲れさまでした」のような簡単な感じです。
このメールは在宅勤務用のノートパソコンを開かなければ送れません。

特に時間の指定はされていませんが、私は開始時には始業時間の3分前くらいにメールをし(ギリギリすぎかな)、終了時には終業時間まで仕事をしてその3分後くらいにメールをするようにしています。

が、少し気になる人がおりまして。
始業時の報告メールは15分前くらいに「始めます」と来るのですが(早い分には問題ないですよね)、終了時の報告メールは終業時間の15分前くらいに「予定通り○○時に(定時)に終わります。」と来るのです。
これって、とても細かいことを言うようですが、メールをしてから終業時間までの15分間、本当に最後まで仕事をしているのかわからなくないですか?
一応ログインの時間やなにをやっているか等は監視されているので、それをみればわかるのですが、本来報告メール?というものは「これから時間通りに終わる予定です」ではなく「終業時間を過ぎましたのでこれにて終わります」というようなものだと思うのです・・・。

だからといってそこまで厳しく改善したいとか、そこまでは考えていないのです。在宅勤務時の勤怠時間の管理は9時から18時と基本は決まっているので。それでもやっぱり「おかしい!」とモヤモヤするのです・・・!

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 booby さん

最終更新日:2020年11月20日 17:56

> お疲れさまです
> 標記の件について皆さんの意見をお聞きしたいです。
>
> 弊社ではつい最近になって在宅勤務が出来る体制が整いました。個人にノートパソコン1台ずつを貸与しています。基本的に残業は無しです。(家で出来ることは限られているのでそこまで忙しくはならない)めったにないですが、もし仮にするならもちろん残業手当はつきます。
> 開始時と終了時には上司にメールで連絡をします。例えば開始時は「今日は決算資料作成します。今から業務開始します」、終了時は「決算資料作成とデータ整理しました。お疲れさまでした」のような簡単な感じです。
> このメールは在宅勤務用のノートパソコンを開かなければ送れません。
>
> 特に時間の指定はされていませんが、私は開始時には始業時間の3分前くらいにメールをし(ギリギリすぎかな)、終了時には終業時間まで仕事をしてその3分後くらいにメールをするようにしています。
>
> が、少し気になる人がおりまして。
> 始業時の報告メールは15分前くらいに「始めます」と来るのですが(早い分には問題ないですよね)、終了時の報告メールは終業時間の15分前くらいに「予定通り○○時に(定時)に終わります。」と来るのです。
> これって、とても細かいことを言うようですが、メールをしてから終業時間までの15分間、本当に最後まで仕事をしているのかわからなくないですか?
> 一応ログインの時間やなにをやっているか等は監視されているので、それをみればわかるのですが、本来報告メール?というものは「これから時間通りに終わる予定です」ではなく「終業時間を過ぎましたのでこれにて終わります」というようなものだと思うのです・・・。
>
> だからといってそこまで厳しく改善したいとか、そこまでは考えていないのです。在宅勤務時の勤怠時間の管理は9時から18時と基本は決まっているので。それでもやっぱり「おかしい!」とモヤモヤするのです・・・!
>
> 皆さんはどう思いますか?

在宅勤務者のいる会社に勤めています。
御社はメールでのみ始業と就業の管理をしているのでしょうか?

当社はシステムへのアクセスログを合わせてみて妥当かどうか評価してます。
ちょっとしたITオタクであれば、定期的にシステムにアクセスしてあたかも仕事をしていたように偽装することはできますが、それと始業就業のメールとの合わせ技で妥当性は評価できますよ。

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 ユキンコクラブ さん

最終更新日:2020年11月23日 10:42

なんとなくわかる気がします。。。

以前勤めていた会社で
「予定はあくまでも予定で、決定ではないから」と言われたことを思い出しました。。
なぜ、そのようなことになったかというと、
こちらとして、予定通り進められるよう準備をしているのですが、上司が大幅にスケジュールを変更するため、対応ができなくなり、
「予定通り実行しようと考えたことはないのですか?」
と尋ねたところ
先の「予定はあくまでも予定だから、、、」と返事をもらいました。。

話がそれましたが、予定の報告があるとわかりやすい(事前確認ができる)ですが、予定を伝えるなら、決定も報告してほしい、、、感じですね。。

メール報告で統一されていて、監視もされているのであれば、報告方法も統一してみてはいかがでしょう。。

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 ASH さん

最終更新日:2020年11月24日 13:55

booby さん

コメントありがとうございます。
弊社は関東と北陸の支店と私のいる本社
すべての人数を合わせても30人弱くらいにしかならない会社でして・・・
未だにタイムカードで勤怠を管理しています。
なので在宅勤務の日はタイムカードを押せませんので、
始まりと終わりにメールで報告をする、
という決まりになっています。

規程集には、
「所属長は在宅勤務日にはやむを得ない場合を除き
時間外における勤務をさせてはならない」
となっているので、
変な話 数分早めに終わるor数分遅く終わる
どちらの場合でも、
「この人はこの日在宅勤務だったから勤務終了は18時」
と決め打ちになります。

あんまりシステム的なことはわからないですが
アクセスログが簡単にみられれば
「予定通り終わります」のメール報告でも
良いのですが、
セキュリティや権限?のこともあるようで
一社員の私には難しそうです・・・



> 在宅勤務者のいる会社に勤めています。
> 御社はメールでのみ始業と就業の管理をしているのでしょうか?
>
> 当社はシステムへのアクセスログを合わせてみて妥当かどうか評価してます。
> ちょっとしたITオタクであれば、定期的にシステムにアクセスしてあたかも仕事をしていたように偽装することはできますが、それと始業就業のメールとの合わせ技で妥当性は評価できますよ。

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 ASH さん

最終更新日:2020年11月24日 14:02

ユキンコクラブ さん

ありがとうございます
予定は予定、予定は未定、、、(笑;)
そう言われてしまったら何も言えませんね↓↓
私は時間の管理・感覚に関しては
「多分」とか「そのくらい」とかではなく
分単位で動きたい派のガチガチな人間なので
イライラしてしまいそうです。

会社側からすると
在宅勤務だと働いている姿が見えないからこそ
メールでの報告体制をとっているので
送受信の時間と実態が結びつくような
行動をしてほしいものです。


> なんとなくわかる気がします。。。
>
> 以前勤めていた会社で
> 「予定はあくまでも予定で、決定ではないから」と言われたことを思い出しました。。
> なぜ、そのようなことになったかというと、
> こちらとして、予定通り進められるよう準備をしているのですが、上司が大幅にスケジュールを変更するため、対応ができなくなり、
> 「予定通り実行しようと考えたことはないのですか?」
> と尋ねたところ
> 先の「予定はあくまでも予定だから、、、」と返事をもらいました。。
>
> 話がそれましたが、予定の報告があるとわかりやすい(事前確認ができる)ですが、予定を伝えるなら、決定も報告してほしい、、、感じですね。。
>
> メール報告で統一されていて、監視もされているのであれば、報告方法も統一してみてはいかがでしょう。。
>

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 村の長老 さん

最終更新日:2020年11月27日 11:50

テレワーク時の正しい労働時間の把握については、どこも模索中なのではないでしょうか。これをカメラ等で行うのでなければ、労使の信頼関係においてでないと無理でしょう。

コロナのせいで、突然強制的に始まった会社もあろうと思います。加えて、経験したことから今後ますますテレワークが広まっていくことでしょう。

そうしたことから、私が想像するにこれまでの会社で働く・雇われる労働スタイルから大きく変化していくのではないかと。つまり雇用契約ではなく請負契約へ移行していく可能性があります。労働者から個人事業主へ。

Re: 在宅勤務時の報告メール

著者 ASH さん

最終更新日:2020年11月27日 15:08

村の長老 さん

ありがとうございます。
毎日が「あーしてみたら良いかな、こーしてみたら良いかな」の連続で
これから良くしていこうという段階です。
完全在宅勤務で成り立っている会社もあるようですし
弊社ももっともっと変わっていくのかなと
ワクワクと同時に不安もあります。


> テレワーク時の正しい労働時間の把握については、どこも模索中なのではないでしょうか。これをカメラ等で行うのでなければ、労使の信頼関係においてでないと無理でしょう。
>
> コロナのせいで、突然強制的に始まった会社もあろうと思います。加えて、経験したことから今後ますますテレワークが広まっていくことでしょう。
>
> そうしたことから、私が想像するにこれまでの会社で働く・雇われる労働スタイルから大きく変化していくのではないかと。つまり雇用契約ではなく請負契約へ移行していく可能性があります。労働者から個人事業主へ。

相談を新規投稿する

1~6
(6件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP