スポンサーリンク

相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

有給付与について

著者 ばいきんまん1825 さん

最終更新日:2021年11月18日 13:54

現在パート勤務で、労働時間が5時間。
入社してから週3勤務が変更して、週5日になり、
勤続年数6ヶ月の際は週3の法定付与日数になると思いますが次回の付与日は、そこから1年後(勤続年数としては1年6ヶ月後)であっていますか?

又、法定付与日数は1年6ヶ月後には週5日勤務になっている場合、10日ではなく、11日の付与で計算していいのでしょうか?


例:2020.6.16入社時点では週3の5時間労働契約
2021.4.20から週5日の5時間労働契約に変更しています。

ご指導御鞭撻よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 有給付与について

著者 ton さん

最終更新日:2021年11月18日 14:40

> 現在パート勤務で、労働時間が5時間。
> 入社してから週3勤務が変更して、週5日になり、
> 勤続年数6ヶ月の際は週3の法定付与日数になると思いますが次回の付与日は、そこから1年後(勤続年数としては1年6ヶ月後)であっていますか?
>
> 又、法定付与日数は1年6ヶ月後には週5日勤務になっている場合、10日ではなく、11日の付与で計算していいのでしょうか?
>
>
> 例:2020.6.16入社時点では週3の5時間労働契約
> 2021.4.20から週5日の5時間労働契約に変更しています。
>
> ご指導御鞭撻よろしくお願いします。


こんにちは。
理解としては概ね正しいですが勤続年数6か月経過した時点の契約が週5日であれば10日付与になります。
つまり付与発生日の契約がどのようになっているかで付与数が決まるためです。
例題から・・・
2020.6.16入社 週3日 
2020.12.16が6か月付与基準日 週3日であれば5日付与
2020.12.16が6か月付与基準日 週5日であれば10日付与 となります。
2021.4.20から週5日に変更
2021.12.16で1年6か月 週5日の為11日付与 となります。
とりあえず。

Re: 有給付与について

著者 ばいきんまん1825 さん

最終更新日:2021年11月18日 15:02

> > 現在パート勤務で、労働時間が5時間。
> > 入社してから週3勤務が変更して、週5日になり、
> > 勤続年数6ヶ月の際は週3の法定付与日数になると思いますが次回の付与日は、そこから1年後(勤続年数としては1年6ヶ月後)であっていますか?
> >
> > 又、法定付与日数は1年6ヶ月後には週5日勤務になっている場合、10日ではなく、11日の付与で計算していいのでしょうか?
> >
> >
> > 例:2020.6.16入社時点では週3の5時間労働契約
> > 2021.4.20から週5日の5時間労働契約に変更しています。
> >
> > ご指導御鞭撻よろしくお願いします。
>
>
> こんにちは。
> 理解としては概ね正しいですが勤続年数6か月経過した時点の契約が週5日であれば10日付与になります。
> つまり付与発生日の契約がどのようになっているかで付与数が決まるためです。
> 例題から・・・
> 2020.6.16入社 週3日 
> 2020.12.16が6か月付与基準日 週3日であれば5日付与
> 2020.12.16が6か月付与基準日 週5日であれば10日付与 となります。
> 2021.4.20から週5日に変更
> 2021.12.16で1年6か月 週5日の為11日付与 となります。
> とりあえず。
>



ありがとうございます!
分かりやすくて助かりました。

教えていただいた通り、2021.12.16日時点での付与は11日で計算致します。

相談を新規投稿する

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP