スポンサーリンク

  • HOME
  • 検索結果:規定

検索結果

「 規定 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:343

  • 育児時間計1時間を自由に分割す

    労基法第67条は、生後満1年に達しない生児を育てる女性は、休憩時間とは別に「1日2回各々少なくとも3

    著者:労働新聞社

  • 予告期間は暦日計算?休日や欠勤

    解雇予告の規定(労基法第21条)は「日々雇い入れられる者」には適用されませんが、「1カ月を超えて引き

    著者:労働新聞社

  • 始業・終業 繰上げ繰下げ制教え

    労基法の労働時間の規制は「実労働時間」を対象としており、労働者の遅刻、早退などで現実に就労しなかった

    著者:労働新聞社

  • 解雇予告手当の計算方法は?

    平均賃金は、原則として、「事由の発生した日以前3カ月間の賃金総額を、その期間の総日数(暦日数)で除し

    著者:労働新聞社

  • 半年間の時間外限度は?3カ月1

    36協定を締結する際は、業務の種類や労働者数、時間外労働をさせる必要のある具体的事由のほかに、①有効

    著者:労働新聞社

  • 運送業の休憩時間に長さ制限はあ

    労基法上、休憩時間は「労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は同1時間の

    著者:労働新聞社

  • 予告手当の受領を拒否されたら解

    労基法第20条第1項は、「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその

    著者:労働新聞社

  • 時間単位年休の請求を拒否?

    平成22年4月1日から、時間単位の年休制度の導入が可能となっています。過半数労組(ないときは過半数代

    著者:労働新聞社

  • 就規の絶対的記載事項だが労働協

    時間外労働の上限(1カ月45時間、1年360時間など)は、時間外労働の限度基準(平10・労働省告示)

    著者:労働新聞社

  • 時間年休付与で既存の協約を改定

    時間単位年休制度を導入するときは、過半数労組(ないときは過半数代表者)と次の事項に関する協定を結びま

    著者:労働新聞社

  • 台帳みると記載がないが管理職の

    労働時間等に関する規定の適用除外対象として、次の労働者が規定されています(労基法第41条)。①農業・

    著者:労働新聞社

  • 親族会社は適用除外か

    労基法は、「同居の親族のみを使用する事業には適用しない」と規定しています(第116条第2項)。ですか

    著者:労働新聞社

  • 仕事が1日要しない場合、半日単

    休日の振替とは、あらかじめ定められた休日を労働日とし、その代わりにその日以前の特定の労働日を休日とし

    著者:労働新聞社

  • 定年後に嘱託再雇用、未消化年休

    定年退職者を嘱託等として再雇用する場合、形式的には正社員として働いた従前の労働契約と、その後嘱託とし

    著者:労働新聞社

  • 労基法違反の両罰規定、事業主に

    労基法では、「違反者が従業者等である場合には、事業主に対しても罰金刑を科する」と規定しています(第1

    著者:労働新聞社

  • 年休より代休取らせたいが、どち

    代休とは、休日労働や長時間の時間外労働などが行われた場合に、その代償措置として以後の特定の労働日の労

    著者:労働新聞社

  • 遅刻回数で減給は違法か。無給扱

    遅刻の場合、賃金カットするのが一般的ですが、「遅刻・早退の時間については賃金債権が生じないものである

    著者:労働新聞社

  • 慶弔休暇は年休の出勤率8割に含

    年休の発生要件の1つとして、年休付与の基準日前6カ月(1年)に「全労働日の8割以上出勤したこと」が挙

    著者:労働新聞社

  • ICカードで入退室管理をしてい

    休憩とは、単に作業に従事しない手待時間を含まず労働者が権利として労働から離れることとを保障されている

    著者:労働新聞社

  • 業務上負傷し待期期間中の休業補

    業務上の事由による負傷・疾病について、病院や診療所で治療を受けると労災保険から療養補償給付が支給され

    著者:労働新聞社

21 ~ 40(343件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP