• HOME
  • 検索結果:休日

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 休日 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:90

  • 残業月60時間超で5割増、有休

    労基法第37条では、労働時間を延長させた場合、使用者は、通常の労働時間の賃金の2割5分以上5割以下の

    著者:労働新聞社

  • 週40時間以内に収める、年少者

    出勤曜日の変更とは、言葉を変えれば休日の振替になります。年少者の場合であっても、「就業規則その他の定

    著者:労働新聞社

  • 1年単位の変形制を採用している

    休日は、毎週1回(または4週4日)以上付与するのが原則です(労基法第35条)。「休日を特定すべきこと

    著者:労働新聞社

  • 「賃金全額払い」を順守、休暇を

    代替休暇を実施する場合には、代替休暇に関する事項を労基法第89条の「休暇」として就業規則に記載する必

    著者:労働新聞社

  • 非組パートに残業命じたいが、労

    労基法第36条の規定による時間外・休日労働に関する協定(36協定)は、本来禁止されている時間外・休日

    著者:労働新聞社

  • 3カ月単位で36協定更新なら時

    別に通常枠の年協定が必要です。36協定では1日および1日を超える一定の期間の延長時間を定めます(労基

    著者:労働新聞社

  • 始業前や後始末の時間は1日何分

    労働時間とは、労働者が労働するために、使用者の指揮命令のもとにある時間をいいます。作業を開始する前の

    著者:労働新聞社

  • 工場再開し労働時間増加、変形制

    1年単位の変形労働時間制とは、事業場の労使協定により、1カ月を超え1年以内の一定期間を平均して1週間

    著者:労働新聞社

  • 変形制で勤務割変更しても割増不

    休日を労働日と振り替えれば、元の休日が労働日となり、その日に働かせても休日労働の割増賃金等を支払う必

    著者:労働新聞社

  • 各自の裁量に任せきりだがフレッ

    フレックスタイム制は、「始業及び終業の時刻を労働者の決定にゆだねる」仕組みです(労基法第32条の3)

    著者:労働新聞社

  • 1カ月変形の総枠超えると割増か

    変形労働時間制を採用すると、1日8時間、1週40時間を超えた労働時間の設定が可能になりますが、変形期

    著者:労働新聞社

  • 時間単位を要求されたら年休少な

    労基法第39条第6項では、「使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合(あるいは労働者

    著者:労働新聞社

  • 法定なら3割5分払うが振替休日

    休日の振替とは、あらかじめ休日と定められている日を他の労働日と入れ替えることによって、休日が労働日と

    著者:労働新聞社

  • 法定外休日は残業60時間から除

    平成22年4月1日施行の改正労基法第37条第1項ただし書きでは、「延長して労働させた時間が1カ月につ

    著者:労働新聞社

  • 月60時間超える時間外、改正法

    中小事業主については、当分の間、5割の割増賃金に関する規定(労基法第37条第1項ただし書)は適用され

    著者:労働新聞社

  • 業務の都合でやむを得ず計画年休

    年次有給休暇は、原則として労働者の請求する時季に与えなければなりませんが、労使協定により年休を与える

    著者:労働新聞社

  • 月60時間超の起算日は月初日か

    時間外労働の割増率は、従来、時間数の多寡に関係なく一定で、2割5分増しと定められていました。改正法施

    著者:労働新聞社

  • 付与日到来前に退職予定ですが、

    年次有給休暇の計画的付与は、労使協定で計画年休の日程を定めた場合は、反対する労働者にとっても年休日と

    著者:労働新聞社

  • 上限を2カ月単位で協定、月45

    「時間外労働の限度基準」(平10・労働省告示第154号)では、1・2・4週間、1・2・3カ月、1年の

    著者:労働新聞社

  • 36協定の回数守りたいが休日出

    36協定を締結する際、労基署に提出する協定届に記載しなければならない事項は以下のとおりです(労基則第

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(90件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP