スポンサーリンク

  • HOME
  • 検索結果:厚生

検索結果

「 厚生 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:232

  • 考課者は管理監督者扱いか

    厚生労働省の行政解釈(「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について

    著者:労働新聞社

  • 月60時間超の時間外労働、代替

    時間外労働が月60時間を超えた場合、5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければいけません(労基法

    著者:労働新聞社

  • 非組パートに残業命じたいが、労

    労基法第36条の規定による時間外・休日労働に関する協定(36協定)は、本来禁止されている時間外・休日

    著者:労働新聞社

  • 8割出勤率の算定方法、年休計算

    過半数労組(ないときは過半数代表者)と労使協定を結べば、代替休暇を与える代わりに、60時間超の時間外

    著者:労働新聞社

  • 工場再開し労働時間増加、変形制

    1年単位の変形労働時間制とは、事業場の労使協定により、1カ月を超え1年以内の一定期間を平均して1週間

    著者:労働新聞社

  • 年休の端数時間は時効消滅か。日

    年休を発生年度内に消化しなかった場合、「次年度に繰り越して取り得る。労基法第115条の規定により2年

    著者:労働新聞社

  • 時間外60時間以上の端数を分単

    代替休暇の単位については、労基則第19条の2において、「1日」または「半日」とされており、労使協定で

    著者:労働新聞社

  • 1年変形の割増、総枠超えたら一

    労働時間制度の設定改善は、生活と仕事の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現する有効な手段です。「労

    著者:労働新聞社

  • 消滅時効は2年のはずだが時間単

    時間単位の年次有給休暇は、過半数労働組合(ないときは過半数代表者)との労使協定の締結を前提として与え

    著者:労働新聞社

  • 月60時間超える時間外、改正法

    中小事業主については、当分の間、5割の割増賃金に関する規定(労基法第37条第1項ただし書)は適用され

    著者:労働新聞社

  • 雇用期間1カ月未満で試用中に解

    まず、基本前提の確認です。「試の使用期間中の者」は解雇予告の除外対象ですが、引き続き14日を超えて使

    著者:労働新聞社

  • 慶弔休暇は年休の出勤率8割に含

    年休の発生要件の1つとして、年休付与の基準日前6カ月(1年)に「全労働日の8割以上出勤したこと」が挙

    著者:労働新聞社

  • 高校中退者をバイト採用、学生以

    満18歳未満の年少者を使用する使用者は、「年齢を証明する戸籍証明書を事業場に備え付ける」義務を負いま

    著者:労働新聞社

  • 階段代わりに設置したはしご道使

    はしご道については、安衛則第556条第1項に、以下のような安全基準が規定されています。①丈夫な構造と

    著者:労働新聞社

  • 対策とれず費用徴収が心配です。

    墜・転落の定義転落とは、ころがり落ちることです。これと違って墜落というのは、高い所からどしんと落ちる

    著者:労働新聞社

  • 退職後でも雇止証明書を交付か

    雇用終了前後に従業員に交付する証明書には労基法第22条に基づくものと「有期労働契約の締結、更新及び雇

    著者:労働新聞社

  • 労基の災害補償と関係、違うのは

    災害補償事由について労基法の規定で、労災保険に最も大きな影響を及ぼすのは第何条かといいますと、それは

    著者:労働新聞社

  • 正社員の労働日数ベースに年次有

    年次有給休暇の日数は、継続勤務期間に応じて定められています。しかし、フルタイム勤務でないパート労働者

    著者:労働新聞社

  • 老齢の両親が居住する帰省先へも

    労災保険法第7条でいう通勤とは、労働者が就業に関する移動を合理的な経路および方法で行うことをいい、①

    著者:労働新聞社

  • 作業中断させ休憩処理できるか

    コンピュータ作業の従事者の中には、慢性的な眼精疲労・肩こり等に悩む人が少なくありません。厚生労働省で

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(232件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP