• HOME
  • 検索結果:天引き

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 天引き 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:11

  • 雇用保険成立届提出を怠ると手続

    平成22年3月31日に改正雇用保険法等が公布され平成22年10月1日から施工されています。併せて改正

    著者:労働新聞社

  • 31日以上雇用の見込みで加入確

    事業主が被保険者資格取得の届出を行わず、雇用保険に未加入となっていた場合でも、被保険者となったことが

    著者:労働新聞社

  • 65歳以降も介護保険料を天引き

    健康保険の被保険者は、年齢の区分によって介護保険料を納付しなければなりません(健保法第156条)。市

    著者:労働新聞社

  • 「長寿医療制度」対象の75歳役

    長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が創設されたのに伴い、健康保険の適用除外の対象が広がり、「後期高齢

    著者:労働新聞社

  • 会社補助は現物給与に含めるか

    健康保険において報酬とは、労働者が労働の対償として受けるもので、賃金、報酬、給料、手当、賞与などすべ

    著者:労働新聞社

  • 傷病手当金から保険料控除可能か

    健康保険の保険料は労使折半ですが、納付義務は使用者にあります(健保法第161条)。休業中の保険料につ

    著者:労働新聞社

  • 被保険者資格継続を希望する70

    厚生年金では、原則として、70歳に達した日(誕生日の前日)に被保険者資格を喪失します。高齢任意加入被

    著者:労働新聞社

  • 月の初めに退職した社員、1カ月

    厚生年金の資格喪失時期は、日単位で決まります。喪失日は次のとおりです(厚年法第14条)。・死亡したと

    著者:労働新聞社

  • 年金からいくらまで天引可能か

    従来、年金からの社会保険料天引き(特別徴収)は、65歳以上の介護保険料で行われていました。平成20年

    著者:労働新聞社

  • 派遣労働者からも過払い分を差し

    賃金の一部を賃金から天引きする場合、過半数労組(ないときは過半数代表者)と協定を結ぶ必要があります(

    著者:労働新聞社

  • 損害金と賃金を相殺可能か

    賃金は全額払いが原則ですが、労使協定を結び、①「控除の対象となる具体的な項目」、②「項目別に控除を行

    著者:労働新聞社

1 ~ 11(11件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP