• HOME
  • 検索結果:失業

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 失業 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:30

  • 社長1人の法人でも労災に加入か

    健康保険の適用事業所は、①法で定められた16業種に属する事業所であって、常時5人以上の従業員を使用す

    著者:労働新聞社

  • 雇用保険成立届提出を怠ると手続

    平成22年3月31日に改正雇用保険法等が公布され平成22年10月1日から施工されています。併せて改正

    著者:労働新聞社

  • 雇保の手続き漏れは在職中でも記

    厚生労働大臣は、事業主の届出、雇用保険の被保険者または被保険者であった者の請求により、被保険者となっ

    著者:労働新聞社

  • 加入要件を短縮予定、31日勤務

    短時間就労者(週の所定労働時間が正社員より短く、40時間未満の者)は、従来、「6カ月以上雇用見込み」

    著者:労働新聞社

  • 外国企業へ数年間派遣、資格喪失

    外国において就労する場合には、海外視察のために出張する場合、海外駐在員として一定期間海外の支社に勤務

    著者:労働新聞社

  • 病気長引き就職活動のメドが立た

    雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合において、労働の意思と能力を有し、積極的に求職活動を行って

    著者:労働新聞社

  • 職業訓練で手当が出る!?受給手

    公共職業訓練とは、国や都道府県が職業訓練校を設置したり、民間の大学等に委託して、職業に必要な知識・技

    著者:労働新聞社

  • 単位取得済でバイト就労、昼間学

    雇用保険は、労働者が失業した場合などに失業給付を行うことによって、再就職までの生活の安定を図るととも

    著者:労働新聞社

  • 手当受給中に就労したらバイトの

    失業者が基本手当を受けるためには、まず「受給資格の決定」を受けます。住所地を管轄する公共職業安定所に

    著者:労働新聞社

  • 採用面接が重なり出頭はムリなの

    失業の認定は、受給資格者の住所を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)で行います。原則として、最初の

    著者:労働新聞社

  • 解雇以外でも6カ月加入で手当出

    失業等給付のうち、基本手当は、原則として離職の日以前2年間に被保険者期間が12カ月以上あるときに支給

    著者:労働新聞社

  • 基本手当の受給要件で離職日前2

    離職の日以前2年間(算定対象期間)に、疾病、負傷、事業所の休業、出産、事業主の命による外国における勤

    著者:労働新聞社

  • 失業中に入院すると「傷病手当」

    健保の傷病手当金は、平成19年4月から、「被保険者(任意継続被保険者を除く)」が支給対象になっていま

    著者:労働新聞社

  • 失業中に数日アルバイト、不正行

    偽りその他不正の行為により失業等給付の支給を受けた者がある場合には、政府は、その者に対して、支給した

    著者:労働新聞社

  • 労災任意加入の規定条文は

    労災保険では、国の直営事業・官公署等を除き、労働者を使用する事業はすべて適用事業となります(労災保険

    著者:労働新聞社

  • 飛行機と列車で移転費は異なるか

    失業給付の受給資格者等に対する就職促進給付として、移転費、広域求職活動費が設けられています。従来、移

    著者:労働新聞社

  • 高年齢再就職給付と在職老齢の併

    高年齢再就職給付金は、60歳以後に安定した職業に就き、再就職後の支給対象月に支払われた賃金額が、基本

    著者:労働新聞社

  • 賃金低下で60~65歳の労働者

    高年齢雇用継続給付とは、年齢が高くなることによる労働能力の低下や通常の勤務の困難化などに伴い、雇用保

    著者:労働新聞社

  • 失業した際の賃金日額、なぜ賞与

    雇用保険制度は、保険事故である失業や雇用の継続が困難となる事由などは、その発生率が不明確であるため、

    著者:労働新聞社

  • 60歳到達時より賃金減額、再就

    「高年齢雇用継続基本給付金」(雇用保険法第61条)は、被保険者として雇用されたとみなすことができる期

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(30件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP