スポンサーリンク

  • HOME
  • 検索結果:民法

検索結果

「 民法 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:14

  • 事業主責任の事故が発生しました

    求償しない場合労災保険法第12条の4第1項をみると、政府は、保険給付の原因である事故が第三者の行為に

    著者:労働新聞社

  • 「仕事ない」と突然解雇、帰郷費

    労基法では、帰郷に要する費用について2種類の規定を設けています。第1は、契約締結時に示された労働条件

    著者:労働新聞社

  • 労働契約法で禁止と規定、期間途

    民法では、当事者(労使)双方に対して「やむを得ない事由があるときは、途中解除」する権利を認めています

    著者:労働新聞社

  • 行方知れずで退職扱いは可能か

    蒸発社員が相手でも、基本的には解雇等の意思が相手に到達しないと、解雇の効力は発生しません。法律的には

    著者:労働新聞社

  • 未支給金の特別支給金は子が相続

    法定相続人の順位は、配偶者はいないので、亡くなった男性(被相続人)の子が第1位です(民法第887条、

    著者:労働新聞社

  • 妻の再婚者と養子縁組で子への遺

    子どもの遺族基礎年金・厚生年金は、次のいずれかに該当するとき、失権します(国民年金法第40条、厚年法

    著者:労働新聞社

  • 3カ月で遺族年金申請?行方不明

    遺族厚生・基礎年金は、被保険者が「死亡」した際、一定範囲の遺族に支給されます。しかし、死亡が確認され

    著者:労働新聞社

  • 育休を半年延長して終了日は?

    育児休業は、原則「1歳に満たない子」がいる間、取得の申出ができます(育介休業法第5条)。子が1歳に達

    著者:労働新聞社

  • 特定最低賃金額の違反に罰則なし

    先に、「民事効」の説明を済ませておきましょう。改正最低賃金法第4条(第5条から移動)第2項では、「最

    著者:労働新聞社

  • 有期パートの解雇がより困難に?

    労働契約法では、「期間の定めのある契約」について独立した1章(第4章)を設けていますが、条文は1つし

    著者:労働新聞社

  • 契約問題は新法で処理?労働基準

    労働基準法は昭和22年に施行されましたが、その後、労働契約関係の複雑化、多様化が進み、採用内定、試用

    著者:労働新聞社

  • 看護休暇は無給でよいか

    小学校始期に達するまでの子を養育する労働者には、子が1人であれば1年度に5日(2人以上であれば10日

    著者:労働新聞社

  • 新型インフル流行の対策、出勤自

    「出勤自粛」といっても、実態は協力要請ではなく、会社命令のケースが多いでしょう。会社は経営上の判断と

    著者:労働新聞社

  • 解雇予告後に休業命令?期間中は

    労基法第20条は、使用者は労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日以上前にその予告を

    著者:労働新聞社

1 ~ 14(14件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP