• HOME
  • 検索結果:被扶養者

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 被扶養者 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:23

  • 任継から被扶養者になる社員の前

    任意継続被保険者は、正当な理由なく納付期日までに保険料を納められないと、納付期日の翌日で資格を喪失し

    著者:労働新聞社

  • 老齢の母を扶養ムリ?

    健康保険の被扶養者は、健保法第3条第7項で定義されています。一定範囲の親族が列挙されていますが、年齢

    著者:労働新聞社

  • 傷病手当金の受給中だが扶養認定

    被扶養者と認定されるためには、主として被保険者の収入により生計を維持されていなければなりません。ご質

    著者:労働新聞社

  • 被保険者が70歳に達すると家族

    家族療養費は、療養に要した費用の額に一定割合を乗じて算出します。割合は、4段階に分けて定められていま

    著者:労働新聞社

  • 遠方に住む義理の母を扶養可能か

    被扶養者の認定には、「生計維持」と「同一世帯」の要件があります。被保険者の直系尊属と配偶者、子、孫お

    著者:労働新聞社

  • 自身も健保資格持つ妻が夫死亡で

    健康保険では、死亡時の給付として、埋葬料(健保法第100条)と家族埋葬料(同第113条)の2種類を設

    著者:労働新聞社

  • 65歳以降も介護保険料を天引き

    健康保険の被保険者は、年齢の区分によって介護保険料を納付しなければなりません(健保法第156条)。市

    著者:労働新聞社

  • 被扶養者認定世帯の年収を合算か

    被扶養者となるためには、被保険者と同一世帯に属している場合、両親の年収が130万円未満(60歳以上の

    著者:労働新聞社

  • 「長寿医療制度」対象の75歳役

    長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が創設されたのに伴い、健康保険の適用除外の対象が広がり、「後期高齢

    著者:労働新聞社

  • 死亡した内縁の妻の子の被扶養者

    健康保険の被扶養者となるのは、被保険者本人の収入により生計を維持している一定範囲の「家族」です。大き

    著者:労働新聞社

  • 通勤災害を健保で治療?被保険者

    健保法では、「労働者またはその被扶養者の業務災害(労災保険法第7条第一項等、一号に規定する業務災害を

    著者:労働新聞社

  • 被扶養者の窓口負担は?70歳以

    話の前提として、被保険者本人の自己負担の仕組みからご説明します。被保険者の一部負担金は、被保険者の年

    著者:労働新聞社

  • 年収103万円下回り加入除外か

    まず、健康保険法では派遣、パート、アルバイトの勤務形態、報酬金額にかかわらず、日または週の所定労働時

    著者:労働新聞社

  • 入院時に医療費貸付ある?

    協会けんぽに加入する被保険者は、本人、被扶養者の医療費がかさむ場合には、高額療養費を受け取ることがで

    著者:労働新聞社

  • 小学校始期まで延長予定、社会保

    被保険者が育児休業等を取得した場合、「事業主が申し出をしたときは、休業開始日の属する月から終了日の翌

    著者:労働新聞社

  • 病気入院し実家へ移る20代の息

    健保の被扶養者となる者は、健保法第3条第7項に列記されていますが、その第1号として「被保険者の直系尊

    著者:労働新聞社

  • 同居父母の扶養に入る予定、被保

    子供は、被保険者が生計を維持していれば、同居していなくても被扶養者になります。年齢要件は設けられてい

    著者:労働新聞社

  • 後期高齢者制度の対象、75歳到

    後期高齢者医療制度は、75歳以上の人および65歳から74歳までの寝たきり老人などを対象とする仕組みで

    著者:労働新聞社

  • 被保険者の家族が通院、海外で給

    被保険者の家族(被扶養者)が、傷病で保険医療機関等から療養を受けたときは、健康保険から家族療養費が支

    著者:労働新聞社

  • 夫が雇用中なら、年下で60歳未

    国民年金の第3号被保険者とは、第2号被保険者の配偶者であって主として第2号被保険者の収入により生計を

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(23件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP